描かれた歯痛―白と黒、および神経からなる歯科医療挿画

個数:

描かれた歯痛―白と黒、および神経からなる歯科医療挿画

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 256p/高さ 25cm
  • 商品コード 9784309255859
  • NDC分類 497
  • Cコード C0070

内容説明

「歯抜き屋」による稚拙な治療から、今日の無痛治療・美容歯科学へ―その劇的な歴史のすべて。『描かれた病』『描かれた手術』に続く好評第3弾、シリーズ完結!

目次

1 歯の博物史と古代史
2 中世ヨーロッパの抜歯
3 フォシャールとダンティスト
4 抜歯の啓蒙時代
5 麻酔、抜歯の新時代
6 謎を解く歯
7 成功のほほえみ

著者等紹介

バーネット,リチャード[バーネット,リチャード] [Barnett,Richard]
科学と医学における文化史を専門とするライター・講師・ブロードキャスター。ロンドンで医学を修めたのち歴史家になり、ケンブリッジ大学のペンブルック・キングス・プログラムで教鞭を執っている。2011年にウェルカム財団エンゲージメント特別研究員の資格を最初に授与されたひとりになる。イギリスとアメリカのテレビやラジオにも頻繁に登場(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

激痛を伴う「歯抜き屋」の稚拙な抜歯から無痛治療・美容歯科へと至る歯科治療の進化……衝撃の「描かれた医療挿画」シリーズ完結編!

リチャード・バーネット[バーネット,リチャード]
著・文・その他

中里 京子[ナカザト キョウコ]
翻訳

北川 玲[キタカワ レイ]
翻訳