描かれた手術―19世紀外科学の原理と実際およびその挿画

個数:

描かれた手術―19世紀外科学の原理と実際およびその挿画

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年04月23日 14時53分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 256p/高さ 25cm
  • 商品コード 9784309255798
  • NDC分類 494.2
  • Cコード C0070

内容説明

床屋の延長から科学の神殿へ―神聖にして残酷な人間の営み、その発展の歴史のすべて。進化のプロセスを読者の目に焼きつける鮮烈なヴィジュアル素材は、前著『描かれた病』同様、英国ウェルカム・コレクションの貴重な逸品。驚愕の医学博物誌シリーズ第二弾。

目次

序論 考える手―技巧、医術、科学としての外科手術
頭と首(頭部;眼;耳、鼻、喉)
上半身(手と腕;胸部;腹部)
下半身(生殖器;脚と足)

著者等紹介

バーネット,リチャード[バーネット,リチャード] [Barnett,Richard]
ロンドン大学とケンブリッジ大学で、科学と医学における文化史を教え、2001年には、ウェルカム財団エンゲージメント特別研究員の資格を初めて授与された者のひとりになった(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

目を背けたくなる美しさ――外科手術に関する当時のテクストをひもときながら、その進化の過程を鮮烈なヴィジュアルで描き出す。