核は暴走する―アメリカ核開発と安全性をめぐる闘い〈下〉

個数:

核は暴走する―アメリカ核開発と安全性をめぐる闘い〈下〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月13日 05時48分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 362p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309253862
  • NDC分類 559.7
  • Cコード C0040

出版社内容情報

アメリカの核開発および核兵器にまつわる事故を中心に、核のリスクを生々しく描いた戦慄の書であり警告の書。瞠目のノンフィクション

エリック・シュローサー[シュローサー,E]
著・文・その他

布施 由紀子[フセユキコ]
翻訳

内容説明

ヒロシマ型の260倍もの威力ある原爆事故、政府の嘘、軍の虚勢、錯綜する情報、身を挺した若い軍人たち―まるで映画のような、息を呑む展開。

目次

第4部 制御不能(斬首攻撃;崖っぷち;異常な環境)
第5部 ダマスカス(均衡;誤警報;死力を尽くして;肯定も否定もせず;決着)

著者等紹介

シュローサー,エリック[シュローサー,エリック] [Schlosser,Eric]
1959年生まれ。アメリカのジャーナリスト。緻密な調査取材に基づく記事は高い評価を受けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

hitbari

3
いろいろな考え方が、あるんだなあ。2019/04/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12936897

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。