雨の自然誌

個数:

雨の自然誌

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2018年08月19日 23時03分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 381p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309253558
  • NDC分類 451.64
  • Cコード C0044

内容説明

人間に命を与えてきた「雨」の科学と文化史のすべて。地球創生まもない40億年前に大洪水を起こした最初の豪雨から、天気予報や最近の豪雨災害まで。古代文明の雨乞いや雨具の進化史から、小説・音楽・映画まで、ありとあらゆる雨の驚嘆の話が満載。

目次

プロローグ 始まり
第1部 自然の雨
第2部 雨の見込み
第3部 アメリカの雨
第4部 雨を捉えて
第5部 気まぐれな雨
エピローグ 雨を待って

著者等紹介

バーネット,シンシア[バーネット,シンシア] [Barnett,Cynthia]
アメリカの女性ジャーナリスト。南カリフォルニアで過ごした。ジャーナリズムを専攻したあと、環境史を中心にアメリカ史の修士号を取得。25年にわたって新聞・雑誌に記事を書きつづけている。著書に『Mirage:Florida and the Vanishing Water of the Eastern U.S.』『Blue Revolution:Unmaking America’s Water Crisis』の2冊があり、いずれも水を中心とした環境問題の書である

東郷えりか[トウゴウエリカ]
上智大学外国語学部フランス語学科卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

雨という身近な自然現象を、惑星・地球科学から、考古学や歴史・文化・文学まで、きわめて幅広く解き明かす画期的な名著。

シンシア・バーネット[バーネット,シンシア]
ジャーナリズムと環境史を専攻後、ジャーナリストとして25年以上、新聞・雑誌に記事を書いている。水が主題の環境問題の著書『蜃気楼』でフロリダ・ブック賞金賞、『青い革命』でボストングローブ紙ベスト10。

東郷 えりか[トウゴウ エリカ]
上智大学外国語学部フランス語学科卒業。訳書にB・フェイガン『海を渡った人類の遥かな歴史』、『世界一賢い鳥、カラスの科学』(以上小社)、N・マクレガー『100のモノが語る世界の歴史』(筑摩書房)など。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件