この世界を知るための人類と科学の400万年史

個数:
  • ポイントキャンペーン

この世界を知るための人類と科学の400万年史

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年09月22日 23時24分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 416p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309253473
  • NDC分類 402
  • Cコード C0040

出版社内容情報

ヒトの誕生から言語の獲得、ニュートンやアインシュタイン、量子の奇妙な世界の発見まで、世界を見る目を一変させる決定版科学史!

レナード・ムロディナウ[ムロディナウ,レナード]
1954年アメリカ生まれ。カリフォルニア大学で博士号を取得した後、マックスプランク物理学研究所やカリフォルニア工科大学で量子力学の理論研究をおこなう。著書に『たまたま』、『しらずしらず』がある。

水谷 淳[ミズタニ ジュン]
翻訳家。東京大学理学部卒業。訳書に、ウェッブ『「無」の科学』、スチュアート『数学の秘密の本棚』、リーバー『数学は世界を変える』、ムロディナウ『しらずしらず』、クロッパー『物理学天才列伝』などがある。

内容説明

人類はなぜ科学を生み出せたのか?ヒトの誕生から言語の獲得、古代ギリシャの哲学者、ニュートンやアインシュタイン、量子の奇妙な世界の発見まで、世界を見る目を一変させる決定版科学史!

目次

第1部 直立した思索者たち(知りたいという欲求;好奇心;文化;文明;道理)
第2部 科学(道理への新たな道;機械的な宇宙;物質は何でできているのか;生命の世界)
第3部 人間の五感を超えて(人間の経験の限界;見えない世界;量子革命)

著者等紹介

ムロディナウ,レナード[ムロディナウ,レナード] [Mlodinow,Leonard]
1954年生アメリカ生まれの物理学者・作家。カリフォルニア工科大学バークレー校で博士号を取得したのち、カリフォルニア工科大学やドイツのマックス・プランク物理学研究所などで量子力学の理論研究をおこなう

水谷淳[ミズタニジュン]
翻訳家。東京大学理学部卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

inami

16
◉読書 ★4 三部構成、第一部(数百万年)は、人間の脳の進化と、「なぜ」を問いたがる”好奇心”を追いかける。第二部(数百年)は、自然科学の誕生について探る、開拓者(ガリレオ、ニュートン、ラヴォアジェなど)の物語、第三部(数十年)は、目に見えない新たな存在の世界の発見(量子論)による自然法則の書き換え物語。好きな分野の本ですが、なかなか・・問題を一つ:一人の修道士が日の出に山頂の寺院を目指し登り、日没前に到着。翌朝、日の出に山を下り日没前に修道院へ到着。両日でまったく同じ時刻に修道士がいた地点は存在するか?2018/05/16

やいっち

15
非常に素晴らしい本だった。科学の歴史をたどる本だが、数式を使わないが、科学の発展にいかに人間的ドラマが関わっているかを伝えてくれる。ギリシャ・ローマのさらに以前、それこそ、アフリカで現生人類の租が生まれた時から、ヒトは世界を理解しようと必死の努力をした。なぜなら、二足歩行も毛がない裸のサルも、体力も眼も嗅覚も聴覚もすべて他の動物たちに敵わない。人類は弱い。だからこそ、ヒト同士が仲間となり協力関係を築き、強い敵に立ち向かってきた。2017/01/01

袖崎いたる

15
人類とその科学とに貢献した歴史的事実と偉人の伝記とを科学の各テーマ毎に記述してくスタイル。ただし医学とか工学とかは除く。合間合間の著者の思い出話も織物の彩。ガリレオやニュートン以前におけるアリストテレスの影響が半端じゃなく、寧ろ彼の<意味>に根差した定性的分析は神学と結託して科学の定量的分析の涵養を阻害した。そして新たな理論は理性を更新していき原子というブラックボックスの発見に至る。理論革命が世界や言葉の概念革命になるのは感動的。また、所謂意識の難題である「物と心の関係」における情報概念の重要さは要注意。2016/06/27

roughfractus02

9
自然の複雑さを理解するには、概念が整備され抽象レベルで推論できる数学が用いられるが、それは人間側の都合なのだ、とR・ファインマンは言った(『物理法則はいかにして発見されたか』)。科学者とその文化的背景を歴史的に検討する著者の記述には、著者の師の科学への態度が垣間見える。自然の運動をテーマとしたアリストテレスや、錬金術のモチーフでもある自然の背後の真理を探求テーマとしたニュートンは、自らの時代の自然理解に制約される。一貫した普遍法則を見出そうとする科学は、歴史的に見れば不連続に変容しつつ未知に向き合うのだ。2019/12/20

Ryo

9
我々は当たり前の様に時間や力学、微生物の存在などを感覚的に受け入れいる。これらは全て人類が知的好奇心という最高の能力を発揮し、世界を解き明かしていった結果だ。この本では知りたいという欲求の獲得から、人間が認識出来ない量子学までの発展の過程を追いかける。科学は納得して理解されるのではなく、理解出来ない人達が去り、その真理に親しんだ者達の成長によって勝利するという言葉が重い。ニュートンやダーウィンを始めとする賢者達の発見は、先行するアイデアと人々との出会いから生まれている。何処に居るかはやはり何よりも重要だ。2018/01/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10908627

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。