美しいプランクトンの世界―生命の起源と進化をめぐる

個数:

美しいプランクトンの世界―生命の起源と進化をめぐる

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年09月26日 12時21分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 215p/高さ 30cm
  • 商品コード 9784309253084
  • NDC分類 468.6
  • Cコード C0045

出版社内容情報

海の浮遊者たちが、あらゆる生命をもたらした! 多様で豊かな、ときに奇妙なプランクトンの世界を、写真とともに紹介する決定版!

【著者紹介】
フランス国立科学研究センター(CNRS)名誉ディレクター。ヴィルフランシュ・シュル・メール臨海実験所にCNRSとパリ第6大学、ピエール・エ・マリー・キュリー大学(UPMC)の細胞生物学研究室を設立。

内容説明

太古から生きてきたプランクトンの世界を最新の生命科学の研究成果を踏まえ高精細な写真とともに紹介!

目次

はじめに プランクトン、浮遊する世界
世界のプランクトン
単細胞生物―生命の起源
刺胞動物と有櫛動物―祖先の形
軟体動物と甲殻類―多様性の王者
毛顎動物、環形動物、尾索動物―矢とチューブと網

著者等紹介

サルデ,クリスティアン[サルデ,クリスティアン] [Sardet,Christian]
フランス国立科学研究センター(CNRS)名誉ディレクター。米カリフォルニア大学バークレー校にて博士号を取得。ヴィルフランシュ・シュル・メール臨海実験所にCNRSとパリ第6大学、ピエール・エ・マリー・キュリー大学(UPMC)の細胞生物学研究室を設立。多数の学術論文を発表している。先ごろ、仏科学アカデミーの海洋学部門で大賞を受賞。自ら企画したドキュメンタリー、アニメーション、DVDは数々の賞に輝き、EMBO(欧州分子生物学機構)より、生命科学の広報活動に対してのヨーロッパ賞を授与された

吉田春美[ヨシダハルミ]
上智大学文学部史学科卒業。フランス語翻訳家

粟津智子[アワズサトコ]
京都大学大学院理学研究科博士後期課程修了。博士(理学)。専門はホヤの発生遺伝学。ノルウェー、サルス国際海洋分子生物学研究所の博士研究員を経て、翻訳に携わる

広海十朗[ヒロミジュウロウ]
日本大学生物資源科学部海洋生物資源科学科教授。専門は海洋浮遊生物学、海洋環境学。日本プランクトン学会評議員、日本プランクトン学会報編集委員長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

mae.dat

93
副題にある様に、原始的な形状、生活環から、生命の起源や進化のメカニズムに迫れるかとも思いましたが、その形態を眺めるだけでは想像する事は難しいですね。 見所は沢山会って紹介しきれませんが、最も驚きがあったのは、有鐘繊毛虫が作るロリカと言う殻の電子顕微鏡写真。自身を守る為に更に小さな死骸や殻かな?を固めたもの。見事な造形とキショさを共有したい(でもね、良い検索ワード見つからず)。 後ね透明な身体、ビードロ細工みたいに見えるものは平気。寧ろ美しくもあるけど、不透明になるとたちまちキショい。目を覆うって発見。2020/07/24

らぱん

55
透明または半透明で、時に蛍光を放って輝く色とりどりの様子、形状は緻密にデザインされた古代の建築物か未来の乗り物のよう。近年の顕微鏡や写真の技術向上により映された姿は妖しく美しい。また拡大でエイリアンかモンスターかと思うような個体もあった。プランクトンは海洋生物の98%を占め、生態系を支え、環境を変化させる力がある。小さきものたちへの興味が広がった。生命の起源や進化の歴史とプランクトンの関係、頭足類や甲殻類の卵や幼生もプランクトンであるというような定義からクリオネが翼足類と言う名で分類されることも知った。↓2019/09/20

つちっち

14
プランクトンとは、水流に浮遊する生物全体を意味するので細菌からクラゲや甲殻類の幼生までと広く紹介されていました。単細胞生物プランクトンの造形は面白いものが多くあり、惑星や雪の結晶、電子部品のようなものまで。円石藻・有孔虫、放散虫が炭酸カルシウムなどで分泌形成した骨格は幾何学的な模様で人工的で緻密な美しさがありました。解説は為になるけど見ているだけで楽しい、顕微鏡が欲しくなる1冊です。QRコードから動画も見られます。2021/05/05

ぱんちゃん

14
[本屋にて]本当に美しかった。もっとじっくり微にいり細にいり眺めたかったくらいです。画家、堀文子さんを思い出しました。自宅の庭にバケツを置いて顕微鏡で眺める姿が、おばあちゃんというよりも可愛らしい幼女のようで。庭を整える様子がターシャチューダーのようで。作品もとてもかわいくて一時期画集を何度も何度も図書館で借りて眺めていました。この図鑑ほしいなぁ。家にあったら子供が怯えるだろうか……。2015/01/09

禿童子

13
大判の写真がどれも美しい!極微の世界の美しさは放散虫のアーティスティックな「建築」、暗黒をバックにして虹色に輝く珪藻、クラゲ類など、その造形に時間を忘れて見入ってしまいました。大きさはミリ単位ですが、拡大された動物プランクトンにはエイリアンを連想させるものもあります。新しい知見としては、貝毒の原因になる有毒珪藻に注目。「クリオネ」で有名な翼足類の天使から悪魔に変身する捕食シーンも載っています。2016/01/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8330628

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。