• ポイントキャンペーン

数学記号の誕生

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 321p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309253039
  • NDC分類 411.1
  • Cコード C0041

出版社内容情報

数学記号はなぜ、どのように生まれ、数学者にどんなひらめきをもたらしたのか? 数学記号の謎から「数学的思考」の正体を明かす!

【著者紹介】
1942年ブロンクスに生まれる。マルボロ・カレッジ数学科教授。著書に『数学と論理をめぐる不思議な冒険』(松浦俊輔訳、日経BP社)、『ゼノンのパラドックス』(松浦俊輔訳、白揚社)などがある。

内容説明

+、-、×、÷、πなどの数学記号はなぜ、どのように生まれたのか、またその誕生によって数学者にどんなひらめきをもたらしたのか?人はなぜ数式を一瞬で理解できるのか?数学記号にまつわる数々の謎を通して「数学的思考」の正体を明かす!

目次

第1部 数字(奇妙な始まり;古代の数の体系;絹の道と王の道 ほか)
第2部 代数(記号なし;ディオファントスの『算術』;偉大なる技 ほか)
第3部 記号の力(頭の中でのランデブー;良い記号;見えないゴリラ ほか)

著者等紹介

メイザー,ジョセフ[メイザー,ジョセフ] [Mazur,Joseph]
1942年ブロンクスに生まれる。マルボロ・カレッジ数学科名誉教授。数学のみならず、その歴史や哲学についても講義している。2006年グッゲンハイム・フェロー

松浦俊輔[マツウラシュンスケ]
翻訳家。名古屋学芸大学非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

toshi

3
『数字、「+」、「ー」、「π」、「i」(=√-1)、・・・などの数学記号がこうやって生まれたんですよ。』といった内容の本を期待していたら全く違った。 内容が複雑な上に、原本のせいなのか翻訳のせいなのかわからないけれど文章が非常に理解しにくいので書いてあることがちっとも分からない。2014/10/18

takao

1
「ジョークを言い合う人々」という古いジョーク2017/05/04

Kaname Funakoshi

1
最初は数字と数学記号が西洋で使われるようになるまでの長い歴史の振り返り。数としての0とプレイスホルダーとしての0の話とかは興味深いけど少し退屈。数式(特に根号)の表し方の歴史についても微に入っているけどちょっと退屈。本書の後半、ライプニッツによるdy/dxの発明とオイラーによるiの発明のところで筆が饒舌になってくる。\sqrt{-1} (√-1) をiと表現することで、実世界の実体に縛られていた数が、数学世界に解き放たれた。今ではiは"imaginary"としては扱われていない。2014/11/16

八九寺

0
2015/07/27

naoto

0
記号の話かと思ったら、記号を通して数学の話だった。ニュートンが全て「動き」として見ていたってのが興味深かった。「万物流転す」は宇宙の法則だもんね。2015/06/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8285998

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。