海を渡った人類の遥かな歴史―名もなき古代の海洋民はいかに航海したのか

個数:

海を渡った人類の遥かな歴史―名もなき古代の海洋民はいかに航海したのか

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年08月20日 15時04分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 381p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309252834
  • NDC分類 557.02
  • Cコード C0044

内容説明

原始、祖先たちはなぜ舟をつくり、なぜ海に乗りだしたのか。遺跡も文献もほとんど残されていない太古以来の人間と海の物語。東南アジア、地中海、インド洋、北大西洋、アラスカから南米の太平洋海域…斬新な視点から、知られざる壮大な歴史を発掘する。

目次

祖先はなぜ海へ乗り出したのか
「砂堆や浅瀬は明らかにされた」
太平洋を越えて(スンダとサフル―アボリジニの航海;「海上に散らした蝶の翅」;島々のパターン)
ポセイドンの海(絶え間なく移動する世界;材木とメック石)
モンスーンの世界(エリュトゥラー海;「交通の要衡」;「われらは雲のような帆を高く張り」)
北方の荒海(祖先たちの海景;「嵐は船尾に氷の羽となって降る」)
太平洋を西に見て(アリューシャン列島「海は非常に高くなる」;ワタリガラスが魚を放つ;炎の海とダイオウショウジョウガイ)

著者紹介

フェイガン,ブライアン[フェイガン,ブライアン] [Fagan,Brian]
イギリス生まれ。カリフォルニア大学サンタ・バーバラ校の人類学名誉教授。アフリカでフィールドワークに取り組み、初期の人類や法医考古学など多くのテーマの著書がある。気候変動と人間社会の関係についての著名な研究家のひとり

東郷えりか[トウゴウエリカ]
上智大学外国語学部フランス語科卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件