星の王子さまの天文ノート

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 127p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784309252759
  • NDC分類 440
  • Cコード C0044

内容説明

世界中で愛されるサン=テグジュペリの名著、『星の王子さま』を通して知る星々の世界。好きな星がきっと一つ見つかる、初心者の方のためのやさしい天文入門書。

目次

第1夜 月の不思議
第2夜 地球と近くの星、惑星
第3夜 流星、彗星、日食…特別な天文現象
第4夜 天体採集
第5夜 星座
最終夜 人と星の道のり

著者等紹介

縣秀彦[アガタヒデヒコ]
1961年、長野県生まれ。自然科学研究機構国立天文台准教授、天文情報センター普及室長。専門は天文教育(教育学博士)。東京学芸大学大学院教育学研究科理科教育専攻修士。東京大学附属中高教諭などを経て現職。総合研究大学院大学准教授を兼務する他、NHK高校講座講師、放送大学講師、科学の鉄人実行委員長なども務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kinkin

80
空を見上げて星を見て胸キュンとなってもオヤジには似つかわしいくない。しかしこの本に出てくる惑星、星雲の写真や解説を読んでいるうちにこの狭い(宇宙的に)地球でゴタゴタしていることがなんだかバカバカしくなった。塵のような地球という惑星からはなんと騒々しい物音がするのだと宇宙人(いると思う)は言っているのではないか。天体観測の入り口としてこの本はとてもわかりやすい。読んでいるうちに大きな望遠鏡がほしくなった。また物欲が芽生えてきた。2017/07/19

ひびつき

46
星の王子さまの言葉を引用しながら、美しい写真と静かに語りかけてくる解説。三鷹の国立天文台の方が書いています。月と惑星と太陽系と彗星と小惑星のこと。風呂敷を広げすぎず、ひとつひとつは丁寧に。既出の情報が多いですがこれ一冊でまとまってて◎。装幀もとても好き。2014/02/23

雨音@灯れ松明の火

31
天文学が大好きなのですが、こんなロマンティックな本があったとは!難しいことは何もなく、宇宙について理解出来るようになっています。好きなページは「太陽系のながめ」と「横から見ると…」。惑星の美麗イラストに見入ってしまいました。久しぶりにプラネタリウムに行きたいです。2014/10/14

かめりあうさぎ

22
星の王子様のカバーに惹かれて購入しましたが、想像よりしっかりとした天文学の本でした。構成は、第一夜:月の不思議、第二夜:地球と近くの星、惑星、第三夜:流星、彗星、日食…特別な天文現象、第四夜:天体採集、第五夜:星座、最終夜:人と星の道のり。各章の扉絵などに星の王子さまの挿絵や文章が載っていて癒されますし、身近な月の話から始まり、太陽系、天文現象と少しずつ世界が拡がっていくのが楽しかったです。写真はすべてカラー。私の好きな写真家・KAGAYAさんも編集協力していて大満足の一冊でした。2021/03/01

まゆら

22
星の王子さまの世界観をなぞりながら月や惑星、流星や星座などを項ごとに解りやすく説明されています。写真がとても美しいのでそれも素敵ですし、間に挟まれる研究者のコラムが良かったです。気が遠くなるほどの地道な研究によって新しい発見が日々されていると思うと大変だけどすごく夢とロマンのあるお仕事なんだなぁと。興味深くて面白いです。2015/08/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6330521

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。