思想としての“新型コロナウイルス禍”

個数:
電子版価格 ¥1,980
  • 電書あり

思想としての“新型コロナウイルス禍”

  • ウェブストアに23冊在庫がございます。(2020年09月26日 05時00分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 207p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784309249667
  • NDC分類 104
  • Cコード C0010

内容説明

この危機は人類に何を問うているのか。この破局にどう向かいあうべきか。

目次

不可能なことだけが危機をこえる―連帯・人新世・倫理・神的暴力(大澤真幸)
オオカミが来た!―正しく怖がることはできるのか(仲野徹)
コロナウイルスで変わる世界(長沼毅)
新型コロナウイルスは社会構造の進化をもたらすのか(宮沢孝幸)
ポスト・パンデミックの人類史的転換(椹木野衣)
歴史が切れた後に―感染爆発するニヒリズム(與那覇潤)
台所な脳で?―Died Corona No Day(笙野頼子)
パンデミック、あるいは“資本”とその宿主(酒井隆史)
資本主義経済のなかに迂回路をひらく―タンザニアの人々の危機への対処から(小川さやか)
統治・功利・AI―アフターコロナにおけるポストヒューマニティ(木澤佐登志)
Enduring Life(in the time of Corona)(樋口恭介)
「ウンコ味のカレーか、カレー味のウンコか」?という究極の選択には「カレー味のカレー」を求めるべきである。(綿野恵太)
流感・舞踏(工藤丈輝)
自然状態の純粋暴力における法と正義(小泉義之)
自由意志なき“自由への道”―行動変容から欲望変質へ(江川隆男)
「人間に固有の原理としての愚劣」(石川義正)
感染症と階級意識(堀千晶)
カタストロフを思考せよ(白石嘉治×栗原康)

出版社内容情報

コロナウイルスは人類を未曽有の危機へおいやりつつある。感染症と文明、人間と病気など危機がなげかける問いを思想家たちが考える。