思想としての“新型コロナウイルス禍”

個数:
電子版価格 ¥1,980
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

思想としての“新型コロナウイルス禍”

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年11月27日 17時28分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 207p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784309249667
  • NDC分類 104
  • Cコード C0010

出版社内容情報

コロナウイルスは人類を未曽有の危機へおいやりつつある。感染症と文明、人間と病気など危機がなげかける問いを思想家たちが考える。

内容説明

この危機は人類に何を問うているのか。この破局にどう向かいあうべきか。

目次

不可能なことだけが危機をこえる―連帯・人新世・倫理・神的暴力(大澤真幸)
オオカミが来た!―正しく怖がることはできるのか(仲野徹)
コロナウイルスで変わる世界(長沼毅)
新型コロナウイルスは社会構造の進化をもたらすのか(宮沢孝幸)
ポスト・パンデミックの人類史的転換(椹木野衣)
歴史が切れた後に―感染爆発するニヒリズム(與那覇潤)
台所な脳で?―Died Corona No Day(笙野頼子)
パンデミック、あるいは“資本”とその宿主(酒井隆史)
資本主義経済のなかに迂回路をひらく―タンザニアの人々の危機への対処から(小川さやか)
統治・功利・AI―アフターコロナにおけるポストヒューマニティ(木澤佐登志)
Enduring Life(in the time of Corona)(樋口恭介)
「ウンコ味のカレーか、カレー味のウンコか」?という究極の選択には「カレー味のカレー」を求めるべきである。(綿野恵太)
流感・舞踏(工藤丈輝)
自然状態の純粋暴力における法と正義(小泉義之)
自由意志なき“自由への道”―行動変容から欲望変質へ(江川隆男)
「人間に固有の原理としての愚劣」(石川義正)
感染症と階級意識(堀千晶)
カタストロフを思考せよ(白石嘉治×栗原康)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

壱萬弐仟縁冊

37
大澤真幸「不可能なことだけが危機をこえる」(今年4月時点の草稿)で、最も文明化され利己性を克服した人が、かえって、国際レベルでは、圧倒的に利己的な行動を行うという逆説。地球レベルでの連帯がある種のリアリティを持つための最初の一歩になる可能性を示唆する(4-5頁)。これを書いているのは8月4日で、自らは16日に名古屋に出張だが、愛知県内でも感染者増えている状況下で、危機に突入する者の一員として、考えさせられるところだ。ありえない、できないことと思えるほどの抜本的な変革によってでしか、2020/10/25

翔亀

37
【コロナ44】コロナを語る論文集が立て続けに出版されていており、つい読んでしまう。何か実践的な教えを求めるというよりも、各専門分野の現在を概観できそうなことに気付いたからだ。ここ数年の自分の興味のみに偏っていた読書に刺激を与えてくれる。本書は<思想としての>と表題にある通り、現状分析より理論的、哲学的な論文が多い。収録18編が書かれた(談も含む)のは、緊急事態宣言の出た4月とちょっと古いが、却って異常事態の思想的インパクトが鮮明だ。その意味で巻頭の大沢真幸の緊急事態(例外状態)の権力論が本書全体の基調↓2020/08/20

Mark

18
玉石混交の論考集です。一冊の本として、目次もあとがきもなく、世に問う論考をそのままバインドした構成になっています。それぞれの論者には個々のベースとなる知識や思考プロセスがあり、自分として同調できるものもありました。グローバル資本主義がコロナ禍の要因である、という大澤さんの意見には納得でき、與那覇さんの言う、歴史の記憶は10年も持たない、というのも同意できます。ところで、笙野某さんは、やたらと「みぞうゆう」を連呼し、ほとんど低レベルのお笑い。2020/08/14

ドーナツ野郎

10
IT技術を用いた安全な監視社会を取るか、自由を取るかというテーマやグローバル資本主義への反省が多め。監視テクノロジーの恒常化への警鐘を鳴らすユヴァル・ノア・ハラリや、例外状態における権力についてのベンヤミンの議論が頻繁に引用されている印象。全体主義のポテンシャルがあるところには革命する権力としての神的暴力のポテンシャルもあるとして、モニタリング民主主義こそが神的暴力の現代的な形態となり得るとする大澤真幸の話は明快で分かりやすい。アフリカの市井の人々のコロナへの対応についての小川さやかの話なども面白かった。2020/08/05

₭€₦ ㉿θЇ¢ħɨ฿ᾶr₳

8
ワイドーショー的オピニオンにうんざり状態のところにありがたい一冊。21世紀の資本主義とその下での欲望においてこのコロナ禍を考えると、何か全く新しい事態に直面しているというよりは、もともと孕んでいた問題がより明確になったり、この先はこうなっていってしまうだろうと考えられていたことが実現するのが早まったりしているという印象。 それにしても150ページに出てくる水木しげるのエピソードが最高。2020/06/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15743870

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。