がん患者の心を救う―精神腫瘍医の現場から (増補新版)

個数:

がん患者の心を救う―精神腫瘍医の現場から (増補新版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月20日 10時14分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 272p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784309249230
  • NDC分類 494.5
  • Cコード C0011

出版社内容情報

がん患者とその家族の心のケアを専門に扱う精神腫瘍医である著者が、がん医療での役割や命の限り成長する人間のすばらしさを伝える。

内容説明

がんによる心の苦しみをかかえた患者さんとご家族に、医療は何ができるか。共に悩み、喜び、悲しみながら精神腫瘍医は今日も寄り添い、支え続けます。

目次

1章 なぜ心のケアが必要なのか?
2章 患者を苦しめる心の病
3章 精神腫瘍科の一日
4章 患者の悩みに一緒に向き合う
5章 第二の患者
6章 思うこと
7章 精神的成長

著者等紹介

大西秀樹[オオニシヒデキ]
1986年、横浜市立大学医学部卒業。藤沢病院、横浜市立大学医学部精神科、神奈川県立がんセンター精神科部長を経て、埼玉医科大学国際医療センター精神腫瘍科教授。がん患者と家族の精神的なケアを専門とする、精神腫瘍医。家族ケアの一環として始めた、遺族の悲しみに耳を傾ける全国初の「遺族外来」が大きな反響を呼ぶ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

もりぞう

0
読みやすく編集されている。2008年に刊行された本が増補され、新たに刊行された本。その増補された部分を読んで、涙が出た。辛い現実と、辛い状況にある患者の気持ちを思うと、ただただ悲しい気持ちになるが、そこをしっかり診ている医者がいると思うと、救われるかもしれない。2020/04/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14138818

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。