誰にもわかるハイデガー - 文学部唯野教授・最終講義

個数:

誰にもわかるハイデガー - 文学部唯野教授・最終講義

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年08月12日 21時43分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 137p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309248653
  • NDC分類 134.9
  • Cコード C0010

出版社内容情報

専門家が一生かけても汲み尽くせぬ難解な書を驚くほどわかりやすく正確に抽出(大澤真幸)。あの『存在と時間』がついに理解できる!

筒井 康隆[ツツイ ヤスタカ]
著・文・その他

この商品が入っている本棚

1 ~ 3件/全3件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

徒花

151
まあまあ。端的にいうと、この本を読んでもハイデガーのことはわかるようにならない。なにしろ、話し手(本書は大学講義の書き起こし)である筒井康隆自身も「よくわからん」というまましゃべっているのだから、そもそもわかるようになるはずがない。ただまあ、そもそもハイデガーの『存在と時間』すらハイデガーが書くのを諦めらめたっぽい未完の書なので、そもそもハイデガーの哲学を理解することそのものはだれにもできないのかもしれない。まあでも、ちょいちょい筒井節をはさみながらわりとおもしろく読める。2019/06/09

MICK KICHI

81
正直ハイデガーはわからなくても、筒井先生の公演なら 何となくわかった気になります。人間とは死ぬ存在であることをしっかりと受け止めて思考し行動しなさいよ。言い換えれば、メメントモリ=死を想えでしょうか。ただ享楽、怠惰に生きようにも、人間には必ず良心から跳ね返ってくるものがある。第一そんな金銭的にも時間的にも余裕はありません、少なくとも私的には...。後半の解説は逆に全くわかりません。要らないんじゃないかな? 筒井先生(唯野教授?)の要点だけ繰り返し読んでみよう、そういう気になります。筒井ファンですから。2018/10/06

抹茶モナカ

66
ハイデガー『存在と時間』をざっくり解説した本。講演録のようなので、語り口調で、読みやすい。でも、作家が哲学書をこんなに簡単に解説しているのは、『存在と時間』を読んだことがないけど、ちょっと怪しい感じもする。文学者も哲学好きなんだというのがわかって、嬉しいけど。巻末の大沢さんの解説というか、捕捉の部分の方が難しくて、哲学的。やはり、哲学の本は難しいんだ、という現実に戻される。2018/07/03

keroppi

51
筒井康隆さんの新刊で、発売されてすぐ買っていたのだが、なかなか読めず、やっと読めた。「誰にもわかる」とは書いてあるが、筒井さん流の言葉運びで、わかったような気にはなるけど、やはり難しい。死に対峙して、いかに生きるかということなのだろうか。2018/07/27

hanchyan@軸は合ってる

43
ハイデガーてば、読むために専用の辞書が必要だったのか。知らんかった。どうりで。難解てか何言ってるかさっぱりわかんないはずだよ(笑) それはともかく。人間には二通りある。本書の目次に続く「ハイデガーの基本用語」を見て「おお♪」となるか「うげえ…」となるかだ!あ、自分は前者っす(笑)。企投・現存在・実存・未了・先駆・先駆的了解…あ、もうイイすか(笑)うっとりするよな。え?しませんか?そうすか(笑) 2019/04/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12815711

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。