「つながり」の戦後文化誌―労音、そして宝塚、万博

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 222p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309246444
  • NDC分類 760.6
  • Cコード C0036

出版社内容情報

かつて日本最大の音楽鑑賞団体であった「労音」。大阪労音の軌跡を軸に、戦後文化における〈つながり〉を読み解く、気鋭のデビュー作

【著者紹介】
1983年、大阪生まれ。京都大学大学院教育学研究科博士課程修了。博士(教育学)。現在、京都文教大学専任講師。

内容説明

かつて都市勤労青年を中心に人気を集め、日本最大の音楽鑑賞団体であった「労音」。大阪労音の軌跡を軸に、戦後日本における人と人、文化と文化の「つながり」を読み解く、気鋭のデビュー作。

目次

序章 「つながり」としての労音
第1章 労音の誕生(1949~1953)
第2章 初代会長・須藤五郎―宝塚から労音へ
第3章 停滞期の葛藤(1953~1956)
第4章 「ゴジラ」化する労音(1957~1960)
第5章 前衛・教養・キッチュ(1960~1969)
第6章 労音の衰退(1969~1974)
終章 宝塚・労音・万博

著者等紹介

長崎励朗[ナガサキレオ]
1983年、大阪生まれ。京都大学大学院教育学研究科博士課程修了。博士(教育学)。現在、京都文教大学専任講師。本書の元になる論文「戦後音楽運動における教養主義の変容」で2012年、日本マス・コミュニケーション学会優秀論文賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件