「労働」の哲学―人を労働させる権力について

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 188p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309245492
  • NDC分類 366
  • Cコード C0010

内容説明

アレント、ネグリなどいままでのすべての労働論を根底から打ち砕き、近代を再審するいま最も必要な強靱にして挑発的な思考。

目次

第1章 労働を巡る闘争を不可視化するもの(労働の過少な定義と過剰な定義;イタリア・フェミニズム;「青い芝の会」;理論的前提としての小括)
第2章 労働の「政治」性(「労動」(labor)と労働(job)の概念的区別
社会的生命の必要と余暇の時間)
第3章 「労動」の政治性(社会的統治と自己統治の関係にみる思考の政治性;「労動」=芸術=「犯罪」)
第4章 「過労死」―労働権力の場(社会の諸層で作用する労働権力と力同士の葛藤;社会的労働としての「過労」自殺)

著者等紹介

濱本真男[ハマモトマサオ]
1983年生まれ。立命館大学大学院先端総合学術研究科一貫制博士課程(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。