エロティック・ジャポン

個数:

エロティック・ジャポン

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年06月29日 00時39分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 349p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784309245348
  • NDC分類 367.9

内容説明

“日本のエロティック・カルチャー”は世界からどう見られているのか?気鋭のフランス人女性ジャーナリストが論じる、あまりに奇妙で、あまりに豊饒な日本のエロス的イメージ。現代アートや浮世絵、風俗雑誌など、約300点にのぼる図版を収録。

目次

第1章 パンティ愛
第2章 恥の文化
第3章 水と蛸
第4章 おばけたちの物語
第5章 暴力
第6章 お人形
第7章 異性装と変身
第8章 男らしさの危機
第9章 女の子革命
第10章 セックス産業
第11章 大人の玩具

著者紹介

ジアール,アニエス[ジアール,アニエス][Giard,Agn`es]
フランスの女性ジャーナリスト。1969年、フランス・ブルターニュ地方のヴァンヌに、哲学教師の父とリベルタン文学の専門家である母の間に生まれる。モロッコ、カメルーンなどの北・西アフリカなど、幼少期をアフリカ大陸で過ごす。アフリカ時代から三島由紀夫などの日本文学や漫画に傾倒。17歳でパリに上京し、名門リセのフェネロンに編入。パリ第3大学で近代文学の修士号を取得後、高等情報通信科学学校を卒業(修士論文は「フランスのプレスから見た日本アニメの暴力性」)

にむらじゅんこ[ニムラジュンコ]
ライター・翻訳家。東京大学大学院総合文化研究科博士課程にて比較文化を学ぶ。ボルドー第三大学、パリ第四大学に留学。1955年にパリで雑誌『Popo color(ポポ・コロー)』を始め、「Bimbo Tower(ビンボー・タワー)」という店をバスティーユに開き、レコード・レーベル「Popo Classic Collection(ポポ・クラシック・コレクション)」を作る。2003年以降は上海に拠点を移し、現在は東京在住。フランスの『ルモンド』紙の関連会社が発行する国際総合オピニオン誌『ルモンド・ディプロマティーク日本版』翻訳スタッフ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

ロリコン、援助交際、セクハラ、制服、人形愛、コスプレ、メイドカフェ……日本人でさえ理解しきれない「奇妙で豊饒な性文化」を論じる、気鋭のフランス人女性による大胆な〈性の日本論〉!