ヤンキー文化論序説

個数:
  • ポイントキャンペーン

ヤンキー文化論序説

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 285p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784309244655
  • NDC分類 361.5
  • Cコード C0036

内容説明

オタク論には、もう飽きた!思考や行動の様式から、ファッション、音楽、マンガ、映画、アート、建築/インテリアまで―いまこそ、ヤンキー文化の豊潤な可能性を見よ。

目次

1 ヤンキー文化とは何か(ヤンキーから日本を考える(インタビュー)
ヤンキー的なるもの―その起源とメンタリティ ほか)
2 ヤンキー系表現の世界(ヤンキー・ファッション過剰さのなかの創造性―異種混交とカスタマイズ;ヤンキー音楽の系譜―私のヤンキー観)
3 地域社会のなかのヤンキー(ヤンキーたちは地域に戻ることができるのか―労働世界の変化と逸脱集団の社会化;暴走族文化の継承―祭り・改造車・ロックンロール)
4 ヤンキー文化論の射程(ポスト・ヤンキー文化―暴走族から走り屋へ、落書きからグラフィティへ;一九六八年にヤンキーという思想の誕生を見る ほか)

著者等紹介

五十嵐太郎[イガラシタロウ]
1967年生まれ。東北大学大学院工学研究科准教授(建築史・建築批評)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。