大正生命主義と現代

大正生命主義と現代

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 297p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784309241623
  • NDC分類 121.6
  • Cコード C0013

内容説明

新しい生命観の創造をめざして。いわゆる“大正教養主義”の水面下には目眩めくほど多彩な思想潮流が躍動していた。哲学・科学・文学・芸術・政治・社会・宗教などあらゆる世界での創造と破壊、理想とデカダンス、霊魂とエロスの乱舞を“生命”の思想として捉え直し、混迷する現代の鏡とする瞠目のアンソロジー。

目次

1 大正生命主義と現代
2 大正生命主義の諸相
3 1980年代の生命主義

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

rbyawa

0
i029、この「生命主義」というのは…結局なんのことなんだろうね? 一応本の中でもなにそれ聞いたことがないんだけど、と言われてたのは見たんですが教養主義には死がないから変だよね、自然主義には警戒感があるとか、志賀直哉は武者小路からの影響でメーテルリンクを盛り込んだはずなど、なんとなくわかるようなそうでもないような…。元資料がないのでちょっとなんともわからなかったのですが研究廻りの事情に関してなのかなぁ、この本は。詩人が生命と創作に関して語っていた件などはわかりやすかったかな、語られてたのどこなんだろう…。2018/07/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1880443

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。