差異と反復

差異と反復

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 525,/高さ 22X17cm
  • 商品コード 9784309230290
  • NDC分類 135.5
  • Cコード C0010

内容説明

〈同一性〉〈自我〉〈理性〉への挑戦。プラトン以来の西欧精神史の基本原理を根底から覆し、伝統思考からの解放を主張する真に創造的な書物。

目次

序論 反復と差異
第1章 それ自身における差異
第2章 それ自身へ向かう反復
第3章 思考のイマージュ
第4章 差異の理念的総合
第5章 感覚されうるものの非対称的総合
結論 差異と反復

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

nranjen

5
図書館本。こんな博士論文あるかああああああっっっと驚きながら関係箇所だけじっくり読んであとは飛ばし読みした。ふと立ち止まり音読すると日本語としてよくわからない文章に出くわすことが多々あった。しかしこれだけのボリュームの本を訳すだけでもすごいありがたいと思わなければならないのであろう。あとがきに訳するにあたり様々なドラマがあったことを知る。本文はこんな論述のありかたそのものへの驚きが何よりも大きく、他印象深かったのはあとがきの訳者と著者の会見の際のワンシーン。なぜか頭の中にクリアに思い描けた2018/08/09

madofrapunzel

4
★★★★★ [再読] …やっと完全読破できました! 第三章「思考のイマージュ」らへんから、やっとこの本に対する”姿勢の硬さ”のようなものが取れて、何とかゆっくりづつとはいえ楽しんで読めるようになりました。しかし、内容はやはり激ムズ(というより分からないww) 個体の流動的な発生を主に論じている(「世界は卵である」といった記述など)のかな…? くらいです。 でも、読んでいて本当に楽しかったです。人生の伴侶としたいと思います。ありがとうドゥルーズ!2011/09/25

放蕩息子

3
ドゥルーズの主著。面白かつた。ドゥルーズはデカルト・プラトン・カント・ヘーゲルのやうな共通感覚に基づいた今までの西洋哲学の批判をこの書の中で試みる。デカルトはプラトンの哲学では根底に「共通感覚」があるため同一性もしくは道徳的なものになつてゐる。これに対してドゥルーズはニーチェ的、永遠回帰的な同一性を持たない逆感覚を対置させる。逆感覚はすべてのものに超越でありながらすべてのものは差異化させる。2013/05/07

日々

1
9.5点 多様体としてのイデアと、その個体化の運動との分析において極北まで進んだ本。というよりむしろ。 ラストまで読むと、「語りえぬものについては…」というような思いがしなくもない。2017/01/30

🍕

0
デュオニソス的八ツ裂キ 齟齬する諸セリー ひび割れたるワタシ 載冠せる𝐚𝐧𝐚𝐫𝐜𝐡𝐲2020/09/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8556

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。