女も戦争を担った―昭和の証言

個数:

女も戦争を担った―昭和の証言

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年05月20日 14時34分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 244p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309228952
  • NDC分類 916
  • Cコード C0021

内容説明

息子を「売った」母、豆兵士をつくった女教師…「戦争協力者」としての戦時下の女性の姿を、数多くの丁寧な取材を通して書き上げた名ノンフィクションの復刊。平和とは何かを問い直す、いまこそ読むべき1冊。

目次

第1章 息子を「売った」母
第2章 永遠の恋人
第3章 女講師の涙
第4章 『一太郎やあい』
第5章 白いエプロン
第6章 女のいくさ
第7章 見えなかった戦争
第8章 ひとすじの道
第9章 遺書
第10章 栄光のあかし
第11章 千人針は語る
第12章 “朝鮮ピー”
第13章 いなぐや平和のさちばい
重荷 あとがきにかえて

著者等紹介

川名紀美[カワナキミ]
1947年生まれ。ジャーナリスト。70年に朝日新聞社入社。大阪本社学芸部、社会部、95年から論説委員。社会福祉全般、高齢者や子ども、女性の問題に関する分野の社説を担当。2009年、朝日新聞社退社(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ののまる

6
国防婦人会で大活躍した女性が、戦後も自衛隊を「兵隊さん」と呼んで、戦時中の思想そのままで強力な自衛隊サポーターにスライドしているエピソードが、不気味で驚き…。2024/03/04

okatake

0
40年以上前、1982年刊同タイトルの著作を一部改稿、加筆したもの。 40年という歳月を経ても色褪せない歴史的資料。この書で著者にインタビューを受けた方の大半は鬼籍に入られたかと思いますが、この書の再刊により、命が再び吹き込まれました。 帰結は沖繩になるのかなというのが一番の感想。 いつまでも沖繩におんぶに抱っこの日本の現状が続いています。2024/02/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21394221
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。