海人族の古代史

個数:

海人族の古代史

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年04月11日 16時09分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 226p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309228167
  • NDC分類 210.3
  • Cコード C0021

出版社内容情報

古代、ヤマト政権を支えたは海人族。彼らが祀った神社、浦島・羽衣伝説、竹取物語などを検証し、その実態、発展、衰退のあとを追う。

内容説明

非常民の民俗学への懸け橋。古代、海人族は天皇家とも結びついて活躍、王権を支えた。しかし、応神朝頃から没落、歴史の表舞台から姿を消し、零細な漁民として卑賎視されるようにもなるのだが…。各地にダイナミックな足跡を残した異民たちの盛衰史。

目次

第1部 天界と異界(丹後国風土記逸文;海人族の原郷;浦島・竹取変幻)
第2部 海人族と古代王権(丹後王国の皇女たち;ワニ氏・尾張氏・息長氏;天武・持統朝の深謀)
第3部 エビスたちの日本列島(東と西の海人族;海人族の末裔;民俗の神々)

著者等紹介

前田速夫[マエダハヤオ]
1944年、疎開先の福井県勝山生まれ。東京大学文学部英米文学科卒業。68年、新潮社入社、文芸誌『新潮』に配属。78年、新潮文庫編集部へ。87年より白山信仰などの研究を目的に「白山の会」を結成。94年、『新潮』編集部に復帰、翌年より2003年まで編集長を務める。主な著書に、『余多歩き 菊池山哉の人と学問』(読売文学賞)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。