古事記はなぜ富士を記述しなかったのか―藤原氏の禁忌(タブー)

個数:
電子版価格 ¥2,420
  • 電書あり

古事記はなぜ富士を記述しなかったのか―藤原氏の禁忌(タブー)

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年08月05日 00時03分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 276p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309227993
  • NDC分類 210.3
  • Cコード C0021

出版社内容情報

富士山は古代から信仰の対象・日本のシンボルなのに、なぜか古事記にも日本書紀にもまったく記述がない。その謎に迫る増補復刊。

内容説明

記紀は霊山・富士を抹殺した!?『万葉集』にも詠われた日本最大の霊山・富士山が、記紀に現れないのはあまりに不自然ではないか。そこには何か重大な「秘密」が隠されているはずだ。―スサノヲ、徐福、聖徳太子、藤原氏…から考える禁忌の古代史。

目次

木の章 龍神信仰
火の章 火の神話
土の章 常世の国へ
金の章 東海の神山
水の章 ふつのみたま
増補 太極の章 蓬莱山、遙かなり