信長を操り、見限った男 光秀―史上もっともミステリアスな武将の正体

個数:
  • ポイントキャンペーン

信長を操り、見限った男 光秀―史上もっともミステリアスな武将の正体

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月22日 23時37分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 255p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784309227849
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0021

出版社内容情報

天下取りの野望をもたない信長に転機をつくったのは光秀だった! あの有名な和歌の真意、本能寺の真相を解読、旧来の人物像を覆す!

内容説明

生年月日や出自は諸説あり、信長に仕えるまでの前歴も不明。本能寺の変の動機も闇の中…。だが、真偽入り混じる史料を一から精査しなおし、大胆にして繊細に推理を深化させることで、光秀と信長の、あまりに意外な人間像が見えてきた。謎に満ちた二人の関係を、エキサイティングに解明!

目次

日の出の信長、燻る光秀
光秀の生年の謎
光秀が見た下剋上の美濃
光秀の出自を探る
越前での牢人生活
細川藤孝の幕府再興運動
「将軍の足軽衆」の実相
明智光秀の顔貌
岐阜への改称と信長の志
天下布武の印判の真意
義昭と信長の上洛
三者協議でつくられた五か条の条書
延暦寺焼き討ちと将軍義昭の挙兵
明智から惟任への改氏
丹羽平定と御馬揃え・家中軍法
信長への失望と本能寺の変
山崎合戦と惟任滅亡

著者等紹介

乃至政彦[ナイシマサヒコ]
歴史家。1974年生まれ。香川県出身。監修、講演やテレビ出演を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

buchipanda3

104
ミステリアスな武将、光秀の正体を探った本。多くの史料・参考文献を読み込み整理した内容で、従来とは違った新たな説が一通り語られ最近の潮流を把握しやすい。著者独自の見解も添えられ面白く読めた。光秀を探求すると信長も探求することになるようで信長の本を読んでいるような錯覚も。見解の中では信長の天下布武という言葉の選び方や光秀に新たな姓を与えたノリがヤンキーみたいで面白い。戦国武士というのは確かにそういう感じかもと思ってしまった。光秀も同じ戦国武士であり、好機を逃さない気質が本能寺に結びついたというのに思わず合点。2020/01/06

サケ太

28
著者は相変わらず新しい視点の歴史の見方を教えてくれる。某光秀とは何者か。その出自や前半生、足利将軍家における役割、織田家で出頭した理由。そして、本能寺の変を起こした理由。小説などで語られた彼が前半生で仕えた人物や惟任という姓の由来は非常に面白い。光秀が織田家で果たした役割はとても大きいものだったはずで、彼の謀叛は一つの歯車がずれれば起きなかった可能性も興味深い。足利義昭と信長の間で悩みながらも信長を選び、彼を支え続けた光秀。しかし、なめられたら殺す。という武士の不文律を信長が甘く見ていた感は否めない。2019/10/13

ぬこ田ぬこ道

11
なぜ『明智光秀』なのではなく、『光秀』なのか?は、著者のこだわりの部分であるので、取敢えず「読んでみてくれ」としかここでは書かぬ。著者の丁寧な史料の読解により、「織田家揃っての出来星武将」と言うしかない、「怪人光秀」の姿が読者の前に姿を表すはずである。もし、光秀が現代に現れたら、「一生コイツに付いていこう」と4割位は思う。夏の西日の海を見るような、ギラギラ感と度量の広さを併せ持つような、そんな戦国最後の武将であったのかもしれない。悪漢にして英雄たる光秀は、日本国民の神話の世界に列せられたのであろう。2019/10/25

kazzz

6
本屋に山のように光秀本が積まれてたw 大名行列についての著書を読んだことがあったので、こちらをチョイス。前書同様マニアック、かつこだわりの自説を展開。惟任はともかく「某」って。そこは明智、光秀でも..。信長暗殺に複雑な背景や深慮は無く、その機会が目前にあったから というのは、そういうものかもと納得。2019/12/19

不純文學交遊録

4
大河ドラマの影響で、玉石混淆の明智光秀本が巷に溢れるなか、呉座勇一さんが玉の一冊として挙げた本書。圧倒的な知名度を誇りながら、前半生は全くの謎に包まれた光秀。著者の乃至政彦さんは、先行研究を丁寧に繙いて、ありうべき光秀の経歴を浮かび上がらせる。史料がない部分は不明なままとしながらも、確かな部分については光秀の心情にまで踏み込んで大胆に推理する。そこは在野の研究者ならではの自由さか。そして戦国の革命児とされてきた織田信長の人物像にも見直しを迫る。詳細は是非ともネタバレなしで読んで頂きたい。2020/02/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14326463

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。