『サピエンス全史』をどう読むか

個数:

『サピエンス全史』をどう読むか

  • 価格 ¥1,100(本体¥1,000)
  • 河出書房新社(2017/11発売)
  • ポイント 10pt
  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 120p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784309227177
  • NDC分類 209
  • Cコード C0022

出版社内容情報

世界に衝撃を与えた『サピエンス全史』は何を伝え、いかなる未来をさし示しているのか。入門書にしてもう読んだ読者への解説書。

内容説明

各界の著名人が絶賛した衝撃の大ベストセラーは何を問うのか!入門とその核心。

目次

エッセイ スーパーヒューマン(柴田裕之)
対談 ユヴァル・ノア・ハラリ×池上彰―『サピエンス全史』はなぜ書かれたのか、何を問うているのか
入門 『サピエンス全史』の魅力と可能性(吉川浩満)
インタヴュー・談(大澤真幸「社会性」と「ありそうもない進化」の謎―『サピエンス全史』の問いかけるもの「聞き手・吉川浩満」;福岡伸一 認知革命はゆっくりと進化した―『サピエンス全史』をめぐって;海部陽介 究極の客観主義による人類進化史―人類の起源に遡って)
論考(『サピエンス全史』の大いなる啓示(長沼毅)
ビッグ・ヒストリーで読み解く(渡辺政隆)
サピエンスからデウスへ、あるいはヘロス(池田純一))
『サピエンス全史』を楽しむためのブックガイド

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

パトラッシュ

64
『サピエンス全史』について多くの識者による批評で理解を深められた。「政治と科学が分けて考えられなくなった」とのハラリの指摘は、テクノロジーが人間の理解の限界を超えるほど発展してきた今日でも政治と科学は予算の話程度に思っている私たちに方向転換を迫る。「フィクションのフィクション性があらわになる」時代の説明とは頷ける指摘で、人類史をグローバルな視点で読み直す意味でも「まさに知はこうあるべき」本だ。「奢れる人類久しからず」がすぐそこの今、「私たちは何を望みたいのか?」という問いを真剣に考えねばと痛感させられる。2020/08/28

きみたけ

43
先日のアメトークでカズレーザーや東野幸治がお気に入りの本として紹介し大きな話題となっている「サピエンス全史」。まずはこの本で予習しようと思い手に取りました。著者ハラリ氏と池上彰氏の対談をはじめ、数々のインタビューや論考、巻末には「サピエンス全史」を楽しむためのブックガイドも掲載しています。まさにこれから「サピエンス全史」を読む人への入門書です。「人間が作物を家畜化したのではなく、作物が人間を家畜化した」という着想は面白いなと思いました。2021/02/11

おさむ

34
年末に読もうと思っている大著の予習勉強として購入。よく出来た映画の予告編みたいで、思わず読みたくなりますね。認知革命、農業革命、科学革命という3つの革命が人間を人間たらしめたという筋立てで、「科学の言葉で書かれた新しい聖書みたいなもの」とまで絶賛されてます。装丁も似ているジャレド・ダイアモンドの「銃・病原菌・鉄」と通じるものもあるそうで、楽しみです。欧米では続編の「ホモ・デウス」が刊行されているそうで、そちらも早く和訳してほしいですね。2017/12/07

速読おやじ

32
サピエンス全史をもっと深く理解したいと思ってポチ。「私たちは幸福になったのか?」「私たちはどこから来て、どこへ行こうとしているのか?」という問いを残すのだが、ハラリは今後一、二世紀以内に人類は消滅すると言う。その意味はバイオテクノロジーと人工知能を使って私たち自身を変えるからと。さて、この本が何故こんなに面白いのか?フィクションを信じる能力によって人間は大きく羽ばたいた、という一点突破の展開がシンプルで力強い歴史物語になっているという。しかしその人間を批判的にも描いている。この続きが読みたい。2020/04/05

彼岸花

25
『サピエンス全史』を読む前に参考にしたいと思い、手に取った本。様々な著名人の感想を読んだが、冒頭の、池上さんとハラリさんとの対談が、とてもわかりやすかった。次々に起こる革命、虚構と、人類の滅亡に至るまで、シナリオは既に出来上がっている。私たちは、ホモ・サピエンスの最後の世代であることに、驚きを禁じ得ない。バイオテクノロジーの力により、不老不死が現実味を帯びる。権力者が真っ先に手にするだろう。政治が科学を利用している。戦争も然り。「緊密に協力しあう」については、政府とは独立した学術機関が必要であると感じた。2021/02/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12412093
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。