1913‐20世紀の夏の季節

個数:
  • ポイントキャンペーン

1913‐20世紀の夏の季節

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年04月26日 07時10分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 428,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309226170
  • NDC分類 230.7
  • Cコード C0022

内容説明

第一次大戦の前年のヨーロッパ―世界史の転換に人々は何をしていたのか。ひと月ごとに著名人たちの動静の膨大な断片をつなぎあわせながら、1913という一年を微細にしてダイナミックに描き出す、かつてなかった手法による空前のドキュメント。ドイツはじめ世界の読書人の絶大な支持を受けたベストセラー。

著者等紹介

イリエス,フローリアン[イリエス,フローリアン] [Illies,Florian]
1971年生まれ。ボン大学およびオックスフォード大学にて美術史および近代史を専攻。1997年、ドイツの有力紙『フランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥング』の文芸欄執筆者となる。1999年から2001年にかけて同紙の文芸欄的な別冊冊子「ベルリナー・ザイテン」編集主幹となり、その後、新しく創刊された同紙の日曜版『フランクフルター・アルゲマイネ・ゾンタークスツァイトゥング』の文芸欄の編集主幹をつとめる。2004年、芸術・文学・ライフスタイルのための雑誌『モノポール』の共同創刊者・編集者となる

山口裕之[ヤマグチヒロユキ]
1962年生れ。ドイツ文学者。東京外国語大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

第一次大戦の前年のヨーロッパーー人々は何をしていたのか。膨大な断片で1913という一年を描き出す空前のドキュメント。

【著者紹介】
1971年生。現在、ベルリンのオークションハウス≫Villa Grisebach≪のパートナー、19世紀芸術部門の責任者。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件