ユダヤ人大虐殺の証人ヤン・カルスキ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 225p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309225395
  • NDC分類 956
  • Cコード C0022

内容説明

ユダヤ人虐殺の証人として映画『ショアー』にも出演したポーランド人カルスキの苦悩を描く衝撃の作品。カルスキは密使として、ユダヤ人絶滅政策の恐るべき実態を伝え、「世界の良心」を喚起して虐殺を止めさせようと連合国を訪れるが、大国の首脳陣は彼の言葉に耳を貸そうともしなかった。「民主主義の自由世界」は共犯者なのだ、人類の怠慢、無知、無関心が悲劇を生んだのだというカルスキの悲痛な叫びを、エネルは第一部・第二部をノンフィクション、第三部をフィクションという独創的な手法でリアルに描き出す。アンテラリエ賞、フナック賞受賞。

著者等紹介

エネル,ヤニック[エネル,ヤニック][Haenel,Yannick]
1967年、フランスのレンヌ市生まれ。国立プリタネ軍学校出身。フランス語の教師を経て文筆活動に入り、1996年、処女小説を発表。1997年に創始した文芸誌“Ligne de risque”を編集しながら、数冊の小説を出版する。長編小説“Cercle”(2007年)で十二月賞とロジェ・ニミエ賞を受賞。『ユダヤ人大虐殺の証人ヤン・カルスキ』は2009年度アンテラリエ賞およびフナック賞を受賞する

飛幡祐規[タカハタユウキ]
1956年、東京都生まれ。文筆家・翻訳家。74年渡仏。パリ第五・第三大学で文化人類学、タイ語など専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。