鍛冶屋の母

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 232p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309224329
  • NDC分類 388.1
  • Cコード C0021

内容説明

たたら師など、日本古来の製鉄にたずさわった金属の民は、どういう人々だったのか。河童、伊吹の弥三郎、戸隠の鬼女…などなどの伝承文学の視点も導入して、スリリングに追求する。金属民俗学の記念碑的名著。

目次

第1部 鍛冶屋の母(弥三郎婆;伊吹の弥三郎;酒呑童子;平将門;弁慶;戸隠の貴女;終章)
第2部 銅と鉄の旅(風を待つ人びと;千種の谷で;壬申の乱の一考察;鍛冶神の南下)

著者等紹介

谷川健一[タニガワケンイチ]
1921年、熊本県に生まれる。東京大学文学部卒業。日本地名研究所所長
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。