父の革命日誌

個数:
電子版価格
¥2,310
  • 電書あり

父の革命日誌

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2024年05月20日 14時45分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 272p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784309208985
  • NDC分類 929.13
  • Cコード C0097

内容説明

パルチザンとして闘争を繰り広げ、投獄され、それでも社会主義者として生きた父。そんな父の葬儀のために故郷に帰ったアリの前に現れたのは、思いもよらない弔問客たちだった。かつて武装し闘った敵、生涯確執のあった叔父、元パルチザンの盟友たち、謎の見知らぬ少女…。知らなかった父を知るたびに、歴史の痛みで絡まった糸がほどけてゆく。悲しみと笑いが乱反射する、父と娘の葬儀の三日間。発禁作家による長編話題作。

著者等紹介

チョンジア[チョンジア]
鄭智我。1965年、韓国生まれ。中央大学大学院文芸創作学科博士課程修了。90年、共産主義者である両親を取材した長編小説『パルチザンの娘』を発表。同作は発禁処分となり、自身も指名手配を受ける。96年に小説家としてデビューし、2006年「風景」で李孝石文学賞を、20年「私たちはどこまで知っているか」で金裕貞文学賞を、23年『父の革命日誌』で萬海文学賞を受賞。現代韓国文学において特異な存在感を放つ作家として、高い評価を受けている

橋本智保[ハシモトチホ]
1972年生まれ。東京外国語大学朝鮮語学科を経て、ソウル大学国語国文学科修士課程修了(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヘラジカ

44
亡くなってから初めて出会う家族の一面。世に溢れるありふれた話だが、この自伝的小説で語られる父親は共産主義の革命家だったのである。血を分けた娘であるが故に存在する分厚いフィルターに覆われた一人の人間の姿が、軽やかに語られる友人や親戚の記憶によって鮮明になっていく。初めて知る、弱くもあり強くもある男の一生。当然のごとく綺麗に印象が変わるわけではなく、娘としてアンビバレントな感情が前面に出る瞬間もある。それでも、父親ではない姿を知ることで逆に親子の結びつきが強まる様にはとても心が動かされた。素晴らしい作品。2024/02/27

星落秋風五丈原

23
『北斗の拳』パロディをやるつもりはないが、作品が始まった時には、タイトルの父は既に死んでいる。なんと電信柱に頭をぶつけて亡くなったのだ。パルチザンとして闘争に身を捧げた父の最後としては、あまりにあっけなかった。82歳という高齢であり、認知症も患っていたらしい。若い頃には血気盛んなパルチザンとして名を馳せた男も、結句はただの老人として死んだ。著者の両親がモデル。かなりシリアスなバージョンを先に刊行した所、発禁処分を受け指名手配されてしまった。満を持して書かれた作品はシリアスみを減らしている。2024/03/22

本の蟲

13
望外に良かった初読韓国人作家。父が死んだ。電信柱で頭を打って…から始まる、パルチザンの娘が見た三日間の葬儀の様子。南北分断直後、韓国内でも左翼勢力による反乱、パルチザン(共産ゲリラ)による抗争と軍事政権下での摘発・鎮圧活動が行われた。投獄され、出所してなお社会主義者を貫いた生前の父。アカの娘として肩身が狭い思いをしてきた主人公は、そんな父に呆れ、距離を置いていたが、次々訪れる弔問客(確執があった親族・元パルチザンの盟友・思想が違っても仲が良い飲み友達・意外な煙草仲間)に思いもよらぬ父の一面を知ることに(続2024/03/15

いっこ

4
パルチザンの娘に生まれたこと、パルチザンとして収監されていた親戚がいること、軍部独裁政権下にあって、それは本人のみならず家族・一族にも苛酷な人生をもたらした。父に厳しい眼を向けてきた著者が、父の死をきっかけに人生の機微、父親の想いに気づいていく。軽妙ながら辛辣に語られる父との思い出が、やがて暖かい時間として蘇ってくる。著者が「父を許す」のではなく、父に許しを乞い感謝するという鎮魂の想いに、胸が熱くなった。2024/05/16

nekomurice

4
*またいつもの「よほど」が始まった。よほどの事情があるんだろ、は父の十八番だった。2024/04/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21743523
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。