マーリ・アルメイダの七つの月〈下〉

個数:

マーリ・アルメイダの七つの月〈下〉

  • ウェブストアに9冊在庫がございます。(2024年04月13日 13時44分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 312p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309208961
  • NDC分類 933
  • Cコード C0097

内容説明

親友のジャキと恋人のDDに望みをかけ、写真を見つけるために奮闘するマーリ。そこに立ちはだかるのは、復讐を誓う殺された青年革命家、生者と死者を媒介する隠者、爆破テロの犠牲になった博士、冥界最凶の邪神…。陰謀が錯綜し、三つ巴の内戦は激化していく。報復に満ちたこの世界で、それぞれの悲劇が行きつく先は。血と煙と愛でつむがれる、魔術的タイムリミット・ミステリ。

著者等紹介

カルナティラカ,シェハン[カルナティラカ,シェハン] [Karunatilaka,Shehan]
1975年生まれ。作家。スリランカのコロンボに育ち、ニュージーランドの高校、大学を卒業後、フリーランスのコピーライターとして活動。2010年刊行の初長編作品『Chinaman:The Legend of Pradeep Mathew』が旧英国領の優れた小説に与えられるコモンウェルス賞を受賞。2022年、長編第2作である本書を刊行。ブッカー賞を受賞し、内戦下のスリランカの闇を皮肉とユーモアをもって描いた傑作として世界的に高く評価された

山北めぐみ[ヤマキタメグミ]
翻訳者。東京都生まれ。大学では詩の創作を学ぶ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

starbro

162
上下巻、600頁弱完読しました。本書は、突然死後の世界で目が覚めた主人公が、現世に干渉できる7日間の間に、自分を殺した犯人を探すため、そしてスリランカの内戦を終わらせるために奮闘するタイムリミット・ミステリでした。翻訳小説としては読み易いですが、期待したせいか、個人的にはあまり響きませんでした。 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000565.000012754.html2024/01/19

ヒロ

84
1990年、スリランカのコロンボ、内戦の最中で命を落としたマーリ・アルメイダが幽霊となって7日間の間に自分がなぜ死んだのか、生前に撮影した政府の腐敗したスクープ写真を公開するために奔走する内容で、上巻から下巻にかけて、当時のスリランカがどういった国なのかが詳しく書かれていました。本当に数多くの何の罪もない人々が虐殺されてしまった歴史がとても痛ましく思いました。しかしそんな世界を写真で変えられると思って、最後までそれを信じていたマーリ・アルメイダがとてもかっこよかったです。2024/01/29

ヘラジカ

52
疾走感と諧謔を併せ持つ驚異の語り、まるでコミックのような設定と展開が、スリランカの悍ましい暗黒の世界を際立てる。パワフルで粗野でありながら、エモーショナルでとても繊細な物語。トマス・ピンチョンを髣髴とさせるが、同じブッカー賞を受賞し、作者も敬愛しているというソーンダーズ作品も思い起こす。どれだけ荒唐無稽であっても「お話」が持つ伝える力は無限大だ。この作品を読めば必ずや、全く縁がなくともスリランカという国が心の中で存在感を持つだろう。これは凄かった。前評判通り、やはり必読の傑作である。2023/12/26

ぽてち

29
下巻は第3の月の続きから始まる。現在と過去が交錯し、マーリのこれまでにしてきたことが明らかになる。そして彼が大切に思う人達に危険が迫る。彼のやり残したことは叶えられても世界はなにも変わらなかった。ついに明かされる彼の死の真相は苦いものだったが、1990年という時代を考えればやむなしか。時間制限のあるゴーストストーリーに歴史や政治を盛り込み、さらには宗教や愛をトッピングしたなんとも豪勢なごった煮小説である。満足感は高い。2022年ブッカー賞受賞作。2024/03/09

ズー

19
めちゃくちゃ良かった!!!めちゃくちゃ悲惨な状況なのに、淡々と飄々な感じの二人称語りと3人の関係性と、マーリの愛に満ちた人柄。サスペンスの方向性でもまんまと騙されてびっくりした。3人の恋と親愛の関係性も本当に良い。愛の形ってほんとに色々あると思い出させる。そしてあとがきで知ったけど、色んな宗教観を組み合わせた、冥界だったんだなと。ほんとあの世はこんなじゃないかと終始思った。ほんとこんなだったらちょっと楽しそうだなと思ったり。マーリ愛すべきキャラだった。2024/03/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21651968
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。