個数:

スティーヴン・キング大全

  • ウェブストアに18冊在庫がございます。(2024年05月19日 07時15分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 240p/高さ 27cm
  • 商品コード 9784309208923
  • NDC分類 930.28
  • Cコード C0098

出版社内容情報

【試し読み】はこちら(PDF 10MB)




作家生活50周年!ホラーの帝王のコンプリートガイド。キング自身が提供した写真、手書き原稿、編集者との手紙等の図版を多数収録。
デビューから時系列で作品ごとに執筆の背景、周囲への影響などの解説を図版とともに掲載した決定版。


100冊以上ある広大なキング・ワールド、「どこから足を踏み入れたらよいのか」。
そのようにお悩みのキング初心者には、本書は最適かつ詳細なビブリオグラフィー兼バイオグラフィーである。
──風間賢二(「訳者あとがき」より)


「でも結局、ぼくはたったひとつの理由ですべての物語を創作している。楽しくてしょうがないからさ。」
(本文より)


●『キャリー』『シャイニング』『クージョ』『ダーク・タワー』『ペット・セマタリー』『IT』『ミザリー』……
 数々の名作が誕生したきっかけとは?
●キングが『クリスティーン』を『シャイニング』以来の真正ホラーとみなしている。その理由とは?
●なぜキングはアイデアノートをつけないのか?
●『IT』でペニーワイズが登場するあの名場面を思いついた瞬間とは?
●映画『スタンドバイミー』の公開時、原作者のキングの名が伏せられた理由とは?
●『ショーシャンクの空に』『グリーンマイル』『スタンド・バイ・ミー』……
 あの名作映画たちの原作はどのように書かれたのか? etc

内容説明

数々の名作誕生秘話や図版を多数収録。この1冊でキングのすべてが明らかに!

目次

若き作家志望者の肖像(1950~1969)
幕間 スティーヴン・キングの詩
ダブルデイ時代(1970年代)
幕間 別名義リチャード・バックマン
幕間 ようこそ、キャッスル・ロックへ
ミダス王の手(1980年代)
幕間 “ダークタワー”シリーズ
幕間 限定版・未収録作品
幕間 ようこそ、デリーへ
実験と変化(1990年代)
幕間 事故
ポスト・アクシデント(2000年代)
幕間 ザ・スティーヴン・キング・ユニバース
犯罪小説王(2010年代、およびそれ以降)

著者等紹介

ヴィンセント,ベヴ[ヴィンセント,ベヴ] [Vincent,Bev]
“セメタリー・ダンス”誌の編集者。ブラム・ストーカー賞に二度ノミネートされたほか、エドガー賞、国際スリラー作家協会賞、イグノータス賞の候補にあがったことがある。多数の短編、エッセイ、書評を発表している

風間賢二[カザマケンジ]
1953年東京生まれ。武蔵大学人文学部卒。早川書房を退社後、幻想文学研究家・翻訳家として活躍。1998年に『ホラー小説大全』(角川選書)で第51回日本推理作家協会賞評論部門を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

starbro

162
デビュー50周年を迎えるスティーヴン・キングは、数十年に渡って読んでいる作家の一人です。 本書はマニア向けの大型ヴィジュアル図鑑でした。 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000590.000012754.html2024/04/13

ナミのママ

71
今更ながら「こんなに書いていたのか」とびっくりするスティーヴン・キングの作品。作家生活50周年を迎えるとの事。持ち帰るのも大変なオールカラー大型本。コンプリートガイドとあるが作品紹介がメインではなく、執筆の背景、プライベート写真、手書き原稿、編集者との手紙などキングの生い立ちから始まり今までを追いかけている。伝記ように読むとそれだけでも興味深い。未読の作品がたくさんあるので、さかのぼって読んでいこうかと思う。2024/03/31

ぐうぐう

40
こういった企画本は、得てして作品ガイドに終始してしまいがちなのだが、本書は作品のストーリー紹介ではなく、執筆過程に比重を置いたメイキング的構成で読ませる。デビュー前の聞いたこともないような作品タイトルが次から次へと出てくるのに驚かされ、初めて目にするキングのプライベート写真もたくさん載っている。また執筆過程も裏話で終わるのではなく、キング論に繋がっていきそうな批評性を備えているのが頼もしい。「キングはアイデアノートをつけていない。ことあるごとにこう言っている。(つづく)2024/03/14

くさてる

31
「大全」の名にふさわしい、まさに丸ごとキングの一冊です。大判でカラー、ずっしり重いこの感じ。内容はキングの生い立ちから作品紹介や裏話、トリビアまでとにかくキング!でファンなら楽しく読めること請け合いです。楽しく読みました。この稀有な物語作家の書くお話をこれからも読むことができる喜びを感じました。面白かったです。2024/04/21

まさ☆( ^ω^ )♬

13
デビュー以前の下積み時代から現在に至るまでに発表された小説、映像作品、エピソード等が時系列に書かれており、ファンにはたまらない書籍ではないだろうか。勿体無いので(高価な本ですし・・)ちょっとずつ読もうと思っていたが、面白くて一気読みでした。巻末の全作品リストの全てを読みたいと思うが、入手困難なものも結構ある感じ。それでも3分の2くらいは所有できてるかな?まだ未読の作品が沢山あるので、これからも楽しみは続くのだ。再読したいものも沢山あるし、まだまだ新作も期待します。2024/03/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21743476
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。