滅ぼす〈上〉

個数:
電子版価格
¥2,420
  • 電書あり

滅ぼす〈上〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年04月16日 16時40分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 312p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309208879
  • NDC分類 953
  • Cコード C0097

出版社内容情報

謎の国際テロが多発するなか、2027年フランス大統領選が行われ、経済大臣ブリュノと秘書官ポールはテレビタレントを擁立する。社会の分断と個人の幸福。フランス発の大ベストセラー。

内容説明

2027年大統領選を舞台に、現代政治とポピュリズム、謎のテロ組織と陰謀論、家族と夫婦の価値観の崩壊など、世界を覆うさまざまな問題を含みこんだ、ウエルベック最大の長篇!!!

著者等紹介

ウエルベック,ミシェル[ウエルベック,ミシェル] [Houellebecq,Michel]
1956年生まれ。1998年、長篇『素粒子』が大ベストセラーとなり、世界各国で翻訳・映画化される。現代社会における自由の幻想への痛烈な批判と、欲望と現実の間で引き裂かれる人間の矛盾を真正面から描きつづける現代ヨーロッパを代表する作家。小説に『地図と領土』(10、ゴンクール賞受賞)など

野崎歓[ノザキカン]
1959年新潟県生まれ。フランス文学者。放送大学教養学部教授。東京大学名誉教授

齋藤可津子[サイトウカツコ]
1974年生まれ。翻訳家。一橋大学大学院言語社会研究科博士課程中退

木内尭[キノウチタカシ]
1983年生まれ。東京大学大学院博士課程単位取得退学、パリ第八大学博士課程修了。現在、名古屋外国語大学准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

starbro

196
ミシェル・ウエルベック、4作目です。フランスのベストセラーということで読みました。近未来仏大統領選小説、上巻は一気読みです。続いて下巻へ。トータルの感想は下巻読了後に。 https://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309208879/2023/08/24

やいっち

90
ファンなのかな、ウエルベックの作品は大半を読んできた。「セロトニン」には圧倒された。あれ以上どう深化させるのか…と怪しんでいたが、なるほどスケールアップの面白さ。把握している領域が幅広い。政治から下世話までヒリヒリするほどの表現。上巻、さすがの場面で終わってて、さっさと下巻に移るしかない。憎いぞウエルベック! 2023/10/25

どんぐり

83
ウエルベックの最新作。大臣秘書官のポール・レゾンを主人公に描いたフランスの政治とテロ、移民問題、医療、尊厳死、セックスレス、個人と家族。冒頭のネット上に拡散された経済相へのテロを予告する動画。いったい何が始まるのか。「人生とは事務的、技術的な困り事の連続、そこにときおり健康問題が介入する」物語の進行とともに、夫婦関係に影が差すポールが見る非現実的な夢。突然、父親が倒れ植物状態に陥り、家族を巻き込んでいく。自身の健康問題がほかの問題を押しのけ、死へのレースとなる下巻へと続く。2023/09/09

syaori

75
時は2026年、所はフランス。主人公は経済・財務大臣の腹心ポールで、彼の夫婦関係や父や弟妹との関係、謎のテロ事件などを巡って物語が進みます。そこから浮かび上がるのは、世代が進むにつれ活力が失われてゆくことや、富裕層と貧困層に二極化する社会、都市圏と過疎化した地方の格差といったフランスの、近代資本主義、自由主義の行き詰まり。同時に、通奏低音のように登場人物たちの生の孤独が語られて手詰まり感を彩ります。「減速と停滞が進行する」「この世界」をポールはどう生きるのか。テロの狙いが「近代世界」だと示唆されて下巻へ。2024/01/16

Vakira

51
「滅びる」という題名なら、平家の物語の冒頭「沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす、驕れる人も久しからず、ただ春の夜の夢のごとし、たけき者もついにはほろびぬ、ひとへに風の前の塵に同じ」の様に普通に存在する時の流れを感じますが「滅ぼす」とは時の流れに関係なく、能動的に消滅させる事。西暦2027年、今から4年後にはフランスでは大統領選がある。そんなプチ未来が物語の舞台。この2027って数字、307番目の素数である。自然に反する異常性を醸す数字。題名だけでなくプロットもストレンジワールドを予告して、始まりぬ。2023/11/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21308615
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。