蛇の言葉を話した男

個数:
  • ポイントキャンペーン

蛇の言葉を話した男

  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文の場合にはお取り寄せとなり1~3週間程度かかります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 376p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309208275
  • NDC分類 993.62
  • Cコード C0097

出版社内容情報

『モヒカン族の最後』と『百年の孤独』が『バトル・ロワイヤル』な語りで創造された、エストニア発エピックファンタジー大作!

内容説明

これがどんな本かって?トールキン、ベケット、トウェイン、宮崎駿が世界の終わりに一緒に酒を呑みながら、最後の焚き火を囲んで語ってる、そんな話さ。フランスでイマジネール賞をケン・リュウ、ニール・ゲイマン、ケリー・リンク等に続き受賞、『モヒカン族の最後』と『百年の孤独』を『バトル・ロワイアル』な語りで創造したエストニア発エピックファンタジー大作!

著者等紹介

キヴィラフク,アンドルス[キヴィラフク,アンドルス] [Kivir¨ahk,Andrus]
1970年生まれのエストニア人作家。2007年に発表した『蛇の言葉を話した男』は、寓話的にエストニアの歴史や政治を風刺し、史上歴代トップ10に入る大ベストセラーになった。また、フランス語版がケン・リュウ、ケリー・リンク等も受賞したイマジネール賞を受賞、ヨーロッパ諸国で大きな話題となり、英語版を含め世界13か国以上で翻訳され、大きな成功を収めた

関口涼子[セキグチリョウコ]
1970年生まれ。著述家・翻訳家。訳書に、P・シャモワゾー『素晴らしきソリボ』(日本翻訳大賞受賞作品、共訳)など多数。また多和田葉子、杉浦日向子など、日本の小説・コミックのフランス語訳も数多く手がけている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

アナーキー靴下

87
異文化な森と村の狭間で、森に暮らし蛇の言葉を操る少年の目を通して語られる寓話。悪い冗談のような悲劇の連続は、森と村とで価値が変わってしまうのだろうか。もしも現代日本が舞台で「末永く幸せに暮らしました」結末の物語があったとして、国も個人も日銀の掲げる経済成長率に沿わなければ、ハッピーエンドは目減りする。停滞は死であり、明日はもっと良い日になるはず、の代償に、悲しみにさえ利子がつく社会に生きている。そんな価値観いらなかった、といくら嘆いたところで、一度食べた知恵の実も血も肉も、吐き戻すことなどできないのだ。2021/08/28

ヘラジカ

62
成る程。帯の惹句には大作家達の名前が信じられないような連なりを見せているが、確かにそれぞれのエッセンスを微量ながら適量含んでいると言える。この味わい深さを言い表すには相応の表現だろう。意外なほど謙虚で常識的な「蛇語を話す少年」の、発展途上にある文明や保守的な因習を見つめるシニックな眼差しは、超然としているばかりか万物流転に対するメランコリーも感じさせる。滑らかに繋がっていく愉快で痛切な物語の数々に、思わず「もっともっと」とお話をせがむかのように頁を捲り続けてしまった。心から楽しませてくれる幻想小説の傑作。2021/06/27

本の蟲

18
「世界の終わりにトールキン、ベケット、トウェイン、宮崎駿が呑みながら語るような」そんな強気な帯の惹句だが、全然誇張ではない超弩級のファンタジー。舞台は中世あたり。エストニアの森奥深く。動物を従わせる「蛇の言葉」の最後の話者となった少年の物語。森の集落の人間はキリスト教世界に組み込まれた村へと移住していき、もうわずかな人しが残っていない。おとぎ話と文化の終焉の物語。少年も何度か村に訪れるが、終日働き続け、「蛇の言葉」を使えば容易に手に入る肉をほとんど食べられず、すすんで最下層の人間として修道士や騎士に(続2021/07/14

アカツキ

12
動物と話せる蛇の言葉を操る人々が減って森から村での暮らしを選ぶ人が増えていくなか、森に住むレーメットはおじさんから蛇の言葉を習う。そして鉄の男たちを一掃したという伝説のサラマンドルの話を聞いて見てみたいと…。エストニア発のファンタジー小説。人も動物も容赦なく死んでいく展開にブルーな気持ちになること度々だったけれど面白かった。レーメットのおじさん、蛇の王族インツが好き。インツの子どもたちの挨拶「こんにいわ!」超可愛い!2021/08/06

キヨム

1
「森で暮らす人は『森で暮らすような暮らしを』、村で暮らす人は『村で暮らすような暮らしを』していてほしい」、と思う現代人の期待をほんのすこし裏切るような。2021/09/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17741777

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。