空腹ねずみと満腹ねずみ〈上〉

個数:
電子版価格 ¥2,090
  • 電書あり

空腹ねずみと満腹ねずみ〈上〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月24日 03時22分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 344p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309207988
  • NDC分類 943
  • Cコード C0097

出版社内容情報

『帰ってきたヒトラー』の著者が6年の沈黙を破ってついに発表した問題小説。数年後の欧州、閉じた国境と難民の間で何が起こるのか?

内容説明

15万人のアフリカキャンプ難民が砂漠を超えてドイツへ向かって歩き出した!なんと50キロの行列を作って。テレビ史上最大のライブ・ドラマと化した大事件。世界の視聴者を巻き込み、ドイツ政府を恐怖に陥れ、国境封鎖か開放かに揺れる巨大スケールの小説。

著者等紹介

ヴェルメシュ,ティムール[ヴェルメシュ,ティムール] [Vermes,Timur]
1967年、ドイツのニュルンベルクに生まれる。母親はドイツ人。父親はハンガリー系移民。大学卒業後、大衆系タブロイド紙の記者として働き、ゴーストライターとして複数の本も執筆。2012年に、初めて自分の名前で発表した小説『帰ってきたヒトラー』は、ドイツ作家の処女作としては過去100年のうち、もっとも大きな成功を収めた

森内薫[モリウチカオル]
翻訳家。上智大学外国語学部卒業。2002年から6年間ドイツ在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

starbro

202
図書館の新刊コーナーで見つけて、タイトルが気になり読みました。ティムール・ヴェルメシュ、初読です。タイトルから寓話的な小説かと思いきや、独逸の現在の難民問題に取り組んだ社会派の問題作でした。上巻ではまだ物語に入り込めません。続いて下巻へ。トータルの感想は、下巻読了後に。2020/07/25

46
難民問題をコミカルに描く。段々と盛り上がってきた。2021/01/10

ヘラジカ

46
アフリカの難民キャンプ・シティを舞台にした群像劇。テレビ局のキャスター、難民の青年、ジャーナリスト、ドイツ本国の政治家など、それぞれの思惑を持った人物の視点から物語は進行する。話題になった著者の前作は未読なので、なんとなくの印象からもっとスプラスティックな風刺劇を想像していた。思ったよりも真面目だけれど十分に面白い。大きな展開を見せるのは200ページ辺りからで上巻はまだまだ序章という感じ。詳細な感想は下巻に。2020/06/04

星落秋風五丈原

20
前作で大変な目にあったゼンゼンブリンク再登場。またもや災難に巻き込まれる。2020/08/17

こつ

11
空腹ネズミは難民満腹ネズミはドイツ人、あるいは空腹ネズミはハンサムな彼満腹ネズミはナデュシュか。満腹なうちは鷹揚にしていられるけれど、自分が空腹になる可能性を感じたら最後切り捨てることになるのか。先の展開が見えずドキドキのまま下巻へ。2020/09/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15744398

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。