フェデラーの一瞬

個数:

フェデラーの一瞬

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2020年08月09日 12時04分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 288p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309207919
  • NDC分類 934
  • Cコード C0098

内容説明

「天才は複製できない。けれども、閃きは感染する」蝶のように舞いながら驚愕のショットを放つ天才の超絶的感覚を読み解き、人間の極限の美しさに迫る表題作のほか、風を活かしたプレーで連戦連勝を重ねたジュニア時代、若き日の憧れトレーシー・オースチン、一流「半歩手前」の選手の凄み、プロテニス・ツアーの舞台裏などを綴った4篇を含む、極私的スポーツエッセーの傑作。

目次

「竜巻通廊」の副産物スポーツ
トレーシー・オースチンになぜ失恋したか
マイケル・ジョイスの一流「半歩手前」
全米オープンの「ペロポネソス戦争」
フェデラーの一瞬

著者等紹介

ウォレス,デイヴィッド・フォスター[ウォレス,デイヴィッドフォスター] [Wallace,David Foster]
1962年、ニューヨーク州に生まれ、イリノイ州の平原で育つ。少年時代はテニス選手として活躍。アマースト大学で論理学と数学を専攻。24歳で書いた長篇『ヴィトゲンシュタインの箒』で作家デビュー。アリゾナ大学創作学科で修士課程を修了。ハーヴァード大学哲学科に移るが中退。詩人・作家のメアリー・カーとの恋愛を経て、95年に長篇『無限の道化』を完成させ、100万部を超えるベストセラー。「20世紀最後の大作家」と称される。未完の長篇『蒼白の王』を違して2008年に自殺した

阿部重夫[アベシゲオ]
1948年東京生まれ。東京大学文学部卒業。元日本経済新聞論説委員。日本新聞協会賞を1992年、94年に受賞。2006年月刊誌『FACTA』を創刊(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

ナダルとの伝説的な死闘を分析しつつ、テニスの本質を体現するフェデラーの魅力を精緻に綴った名エッセイのほか、5篇を収録。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件