スーザン・ソンタグの『ローリング・ストーン』インタヴュー

個数:

スーザン・ソンタグの『ローリング・ストーン』インタヴュー

  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文はお受けできません。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 225p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309207025
  • NDC分類 934
  • Cコード C0098

出版社内容情報

『ローリング・ストーン』のためのインタビュー完全版。「ロックンロールの本質」「SMの劇場的効果について」など。

【著者紹介】
1942年ニューヨーク生まれのノンフィクション作家。『ローリング・ストーン』誌創刊以来の中心的な書き手で、ジョン・レノン、ボブ・ディラン、シュトックハウゼンのインタヴューを行なう。著書に『グレン・グールドは語る』など。

内容説明

世界文学、サブカルチャー、エロティシズム、そしてふつうの生活…絶頂期のスーザン・ソンタグと『ローリング・ストーン』誌との、オープンで、重層的で、複雑な会話。

著者等紹介

コット,ジョナサン[コット,ジョナサン] [Cott,Jonathan]
ヴェトナム戦争に抵抗する気運のたかまりのなか、1967年にアメリカで創刊された隔週刊情報誌『ローリング・ストーン』誌の寄稿者。67年より初代ヨーロッパ・エディターを務め、同誌はロック音楽をはじめ先端的な音楽、芸術を取り上げて読者の支持も強く、70年代からは政治的に反体制的な発言も多くなっていった

木幡和枝[コバタカズエ]
1946年東京生まれ。東京芸術大学美術学部先端芸術表現科教授。上智大学文学部新聞学科卒業後、編集に従事。70年代より美術、音楽、ダンスのプロデューサー、“MoMA SP1”客員学芸員。82年オルタナティヴ・スペース“plan B”を田中泯らとオープン(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Happy Like a Honeybee

6
思考が失せれば意識は死んでいる。読書は自分を超えるモデルを提供してくれる。本当に人間らしくなるための手段である。 インタビューの行間から、哲学者や芸術家の引用の数々。言葉を抽出する能力に長けてますよね。 私は嬉々としてカフカから学ぶべきを学んだと。古典の名作を読みたくなる衝動にかられます2017/08/25

hiratax

4
スーザン・ソンタグって文字を追うんだけれど、何やらなんだかよくわからないというのが正直なところなんだけれど、味わい深い。これ文芸評論の味わいにも行きつく。該当作を読んでいなくとも読ませる文芸評論がある。手元においてぱらぱらと読み返したい。2016/04/08

いのふみ

3
哲学からロックまで幅の広い知性。優れた知見は、こういうくだけた会話からも出てくるのだ。2019/01/27

fritzng4

3
70年代末のソンタグインタビュー。70年代のソンタグが癌闘病で苦しんでいたとは知らなかった。ローリングストーン誌に掲載されたインタビュー短縮版の完全版とのことだが、やはりソンタグは語る人というよりは書く人なのだろう。テーマは多岐に渡るが、些か物足りないのだ。2016/07/23

ゆう

1
学生時代は接していたが、久しぶりにスーザン・ソンタグの考えに触れる。インタビュー形式は、彼女の考えを次々引き出すことができるうってつけの手法だと思う。私が今回印象に残ったことは、「自分に起こったことは人のせいにせず自分で引き受ける」ということや病気の隠喩、また小説を書く時の姿勢など。2018/01/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10222593

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。