スクロール版 オン・ザ・ロード

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 543p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309205427
  • NDC分類 933
  • Cコード C0097

内容説明

すべての伝説はここから始まった!アメリカ大陸を、縦横無尽に車で移動し、さまざまな階層の人々と出会った経験をもとに、わずか3週間で書きあげたとされる伝説のオリジナル。ニール・キャサディ、アレン・ギンズバーグ、ウィリアム・バロウズなど、すべての人物が実名で登場し、決定版では削除された危ない箇所もそのまま読める「実録オン・ザ・ロード」。

著者等紹介

ケルアック,ジャック[ケルアック,ジャック][Kerouac,Jack]
1922‐69。マサチューセッツ州生まれ。両親はフランス系カナダ人。1940年、コロンビア大学に入学してアレン・ギンズバーグ、ウィリアム・バロウズらと出会う。47年から、大陸横断のヒッチハイクの旅に出る。50年、長篇The Twon and the Cityを発表後、57年に『オン・ザ・ロード』を刊行、一躍脚光を浴びる。以後、矢継ぎ早に小説を発表するほか、映画の脚本や詩集Mexico City Blues(59)など、さまざまなジャンルで活躍する。その間、ビート世代を代表する時代の寵児としてもてはやされる一方、50年代半ばからは仏教への関心を強めていった

青山南[アオヤマミナミ]
1949年、福島県生まれ。翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

袖崎いたる

7
聖なるものを探究する小説。もしくは直線の距離はもっとも多難で、あっちこっちに行くことこそが最短なのだと語る叡智の書。2019/07/25

biofeedback

4
p139 本文。引用。 "人生は、父親の庇護のもと、疑う・・・" あとは、スクロールスクロール。流れーる時間。時間は改行がない。2019/10/16

DEE

3
スクロール版とはどういうものかピンとこなかったのだけど、ページを開いて納得。 改行がない。 文章を途切れさせると疾走感がなくなるからみたいな理由らしいけど、慣れるまでは本当に読みにくい。 確かに読書の区切りがつけられないという点では疾走感と言えなくもないけど。 ジャックとニールのアメリカ横断の旅を描いたもので名作とされているみたいだけど、残念ながら自分には合わなかった。 通常版で読めばまた違ったのかもしれないな。2017/09/20

斑入り山吹

3
まず最初にいいたいのは、疲れた!!!ってこと。字がぎっしり改行無しが400ページ。そのノリに慣れたのが80ページ過ぎて。面白いと思って身を乗り出したのが200ページを過ぎて。生半可な気持ちでは読めません。でも2回読んでしまった。一体どうしてこんな言葉を選ぶことができるんだろう?文学書く人ならみんな羨ましくなるんじゃなかろうか?という文章がぽんぽん出てくるので (特に後半) うっかり書き写し始めたら大変だった。ニールへの愛の本だ。ケルアックと一緒に、わたしもロード (道) の果てまで到達した。乞う、挑戦!!2010/11/11

ロッキー

2
結構好きなドラマ(wowow)でした、『出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年のこと』。主演の滝本美織さんは書店の店長。au×au(アウアウ)という携帯アプリで知り合った見ず知らずの人に本をすすめまくるドラマです。この中で、親の病院を継ぐことから逃げて海外に行こうか、人生に迷っている医大生役の森崎ウィンさんにすすめていたのがこの本でした。【超~面白そう!】と思って借りてみたのですが…。残念ながらちょっと無理でした。和訳独特の読みにくさと、段落・改行のなさで途中断念… 2021/05/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/602451

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。