• ポイントキャンペーン

人はいつか死ぬものだから―これからの終末期ケアを考える

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 269,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309205205
  • NDC分類 490.4
  • Cコード C0098

内容説明

人命を救うために医師をめざしたのに、臨床研修を始めて「医師とは死に囲まれた日常を生きる職業」と思い知らされた著者。患者にとって本当に必要な治療とは何か、迷いながらも学んだ日々を回想する。

目次

第1部 理念(復活屋;星の巡りの神秘とともに;「見て、覚えよ」)
第2部 実践(非公式のカリキュラム;M&M―死亡症例検討会;女性人体模型)
第3部 再評価(害を与えてはならぬ;お伝えしなければならないことが…;鏡に自分を見るように)

著者等紹介

チェン,ポーリーン・W.[チェン,ポーリーンW.][Chen,Pauline W.]
ハーヴァード大学を卒業後、ノースウェスタン大学ファインバーグ医学校に学び、イェール大学、国立がん研究所、UCLAなどで外科医としての研鑚を積む。1999年にはUCLAの年間優秀外科医の一人に選ばれた。初めての著書である『人はいつか死ぬものだから―これからの終末期ケアを考える』は、医療の現場における生と死を率直に語り、その真摯なまなざしと卓越した筆力によって、医療関係者にとどまらない幅広い層の読者を獲得し、いまなお静かな感動の輪を広げている。現在、夫と双子の子供たちと共にボストン近郊に暮らす

那波かおり[ナワカオリ]
翻訳家。上智大学文学部卒業

西村知樹[ニシムラトモキ]
1991年防衛医科大学校卒業。同年医師国家試験合格。亀田総合病院にて2年間の初任臨床研修を修了後、同院心臓血管外科ジュニアレジデント、総合内科チーフレジデントを経て、1995年アメリカアイオワ大学病院で内科専門医臨床研修を開始、1998年に修了。その後、米国ハワイ大学で老年病内科専門医臨床研修を開始、2000年に修了。1998年に米国内科専門医試験に合格、99年には米国老年病内科専門医試験に合格。2000年に日本へ帰国後、いくつかの病院勤務を経て、2005年に神奈川県平塚市の湘南ウェルネスクリニック院長となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

患者にとって本当に必要な治療とは何か。現代医療が抱える様々な問題を根底から見つめ、葛藤する女医が語る感動のノンフィクション!