無敵の犬の夜

個数:
電子版価格 ¥1,540
  • 電書あり

無敵の犬の夜

  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文の場合にはお取り寄せとなり1~3週間程度かかります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 148p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309031590
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

北九州の片田舎。幼少期に右手の小指と薬指の半分を失った中学生の界は、学校へ行かず、地元の不良グループとファミレスでたむろする日々。その中で出会った「バリイケとる」男・橘さんに強烈に心酔していく。ある日、東京のラッパーとトラブルを起こしたという橘さんのため、ひとり東京へ向かうことを決意するが―。どこまでも無謀でいつまでも終われない、行き場のない熱を抱えた少年の切実なる暴走劇!第60回文藝賞受賞作。

著者等紹介

小泉綾子[コイズミアヤコ]
1985年、東京都生まれ。10代を九州で過ごす。2022年、「あの子なら死んだよ」で第8回林芙美子文学賞佳作受賞。2023年、本作で第60回文藝賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

hiace9000

130
片田舎の"ヤンキーあるある"を如実に再現し表出。彼らの短絡性や浅薄性、ある意味わかりやすくて、なのに何考えているかわからない、要はつかみどころのなさ…。だからそれがどやねんと言えばそこまでだが、その無軌道な衝動性と、明らかに"ややズレ"の憧憬と羨望の刹那の源泉を見事に掬い取った慧眼は見事! 作者が10代の頃過ごされた九州での日々と経験がベースにあることは間違いないなく、当時彼らを遠巻きに観て感じ取り、読み取った炯眼にも驚き。無謀で青過ぎる「どーでもええわ」ぶりもまた、文学・文芸となる。どう受け止めようか。2024/02/08

シャコタンブルー

62
半径5メートルしか知らない中学生にとって近所のイケてる高校生は何でも知っている「大人」に思える。その大人にたやすく感化されてのめり込む様子が余りに一途だ。その子供ぽさに比べて同級生の女子が100倍も大人に思える(笑)浅い思考から始まった東京への旅はドン・キホーテのように無茶苦茶だが、そのエネルギーは周りを溶かす程に熱い。握りしめた拳をブンブン振り回すが空振りばかりだ。誰にも当たらない。何も変わらない。でも何かが突き動かされた。無敵の犬の遠吠えが響いてくるような内容だった。2024/01/10

ミナミハハ

57
第60回文藝賞。主人公は片田舎に住む男子中学生・界。女子の方が大人。ピュアなのか単純なのか真っ直ぐ過ぎてハラハラする。自ら危険に身をさらした先は?無敵の俺になれるだろうか?エールを送り読了。2024/01/15

konoha

57
第60回文藝賞受賞作品。最高にかっこ悪いけど、かっこいい。北九州の空気感とスピード感にあふれていて大好き。手の指を失っている中学生の界は、先輩の橘に憧れる。橘のために東京のラッパーに復讐しようと夜行バスに乗る界。失うものがないシンプルなエネルギーが鮮烈。北九州の方言の会話はリズムがいい。界と橘の関係性が伝わってくる。橘はダサくて胡散臭いので、見ている方はヒヤヒヤする。界がラッパーからピチピチジャージを指摘されて笑った。田中杏奈は強くて賢くてかわいい。田舎の中学生ってバカだねぇ。でも、愛おしいな。2023/12/07

Vakira

56
工業高校に行っている橘先輩カッコイイ。この世界観。設定が面白い。なかなか想像出来ないと思う。中学男子の視点。落ちこぼれ感。不良少年になり切れない感。 出だしは堺君の指の話から。読者はこの異様な話に喰いつくと思う。ムカつく担任の先生をボコる。実は担任の先生はきもい。女子を個人的に呼んでコンドームの仕方を指導する。だから車にロりコンっていたずら書き。していたの見られれていた。授業は弱い者の話。俺の事じゃん。超ムカつく。だから先輩と征伐。僕は英雄になってしまう。2023/12/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21626450
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。