水俣 天地への祈り

個数:
電子版価格 ¥2,145
  • 電書あり

水俣 天地への祈り

  • ウェブストアに15冊在庫がございます。(2021年10月18日 06時15分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 208p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784309029924
  • NDC分類 916
  • Cコード C0095

出版社内容情報

近代化と日本的体質の悪しき象徴=水俣病を見つめ続けた作家による未来への視座。J・デップ主演映画「MINAMATA」9月公開。

内容説明

まっさきに枯れたのは松の大木だった。海が病み、魚が死に、人が死んだ。現代文明社会の負の側面をその身に引き受け、闘い、それでも人間を信じるとは?水俣病公式確認から65年。“遅れて来たよそ者”として、水俣にたどり着いた著者が触れた生類への祈りと共に生きる人々の姿、魂のことば。

目次

第1章 水俣へ
第2章 水俣の祈り・杉本栄子―天地に祈り生きた人
第3章 水俣の祈り・緒方正人―魚の代理人として立つ人
第4章 水俣の祈り・ユージン・スミス―ユージン・スミスと水俣
第5章 近代に現れた「日本の精神の古層」

著者等紹介

田口ランディ[タグチランディ]
1959年、東京生まれ。2000年、長篇小説『コンセント』を発表、本格的な作家活動を始める。以来、人間の心や宗教、社会問題等をテーマに、フィクションとノンフィクションを往還しながら幅広い執筆活動を続けている。01年、『できればムカつかずに生きたい』で婦人公論文芸賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

宮崎太郎(たろう屋)

0
著者がこれまで旅した水俣で出会ったひと、土地へのエッセイのオムニバス。漁師で語り部の会の杉本栄子さんとの言葉は過去の作品でも読んだことがありましたが、改めて胸に響きました。2021/10/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18340159

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。