リボンの男

個数:
電子版価格
¥1,485
  • 電書あり

リボンの男

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月16日 16時48分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 144p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309028521
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

おとうさんはねえ、ヒモじゃなくてリボンだよ。主夫の常雄が、野川沿いの道を3歳の息子と歩きながら発見した新しい“シュフ”の未来

内容説明

専業主夫の時給は、いくら?野川沿いの道を3歳のタロウと歩きながら常雄が発見した、新しい“シュフ”の未来。各紙誌絶賛の感動作!

著者等紹介

山崎ナオコーラ[ヤマザキナオコーラ]
1978年、福岡県に生まれる。國學院大學文学部日本文学科卒業。卒業論文は「『源氏物語』浮舟論」。2004年、会社員をしながら書いた「人のセックスを笑うな」で第四十一回文藝賞を受賞し、作家活動を始める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よつば🍀

109
結婚相談所で出逢い結ばれた大野みどりと小野常雄(愛称・妹子)の物語。みどりは年収650万、書店で店長として働きながら書評やエッセイを書いている。妹子はアルバイト暮らしで年収180万。息子のタロウが生まれた事で妹子は専業主夫になり新しい“シュフ”の未来を考えだす。本作も小説と言うよりナオコーラさんの考えを読んでいるような感覚になる。毎作品ごとに登場する「ブス」の単語こそなかったものの、お金の話に終始する内容はウンザリさせられた。内容紹介に『各紙誌絶賛の感動作! 』とあり期待していたけれど物足りない読後感。 2019/12/24

なゆ

103
「お父さんもねぇ、ヒモじゃないんだよ。ヒモじゃなくてリボン」思わぬとこで言っちゃったね、タロウくん。結婚し、タロウが生まれ、収入の多いみどりが働き、夫の常雄(妹子)が主夫をする。主夫だと“ヒモ”のイメージだというのが、今や私にとっては違和感だし、あえて言わなくてもいいじゃないとも思う。外で仕事してないと、経済活動してない気になるのだろうか。その懊悩に対してのみどりの言葉がナオコーラさんの言いたい事なんだろう。タロウとの幼稚園への行き帰りの時間が楽しげだった。2020/01/16

ででんでん

95
妹子は、全くヒモではないと思うけど、自分を否定した格好にしないと気持ちの収まりがつかず、「『どうも世間から責められている』という被害妄想が涌いてくる」のはわかる。家で小さい子どもを育てている自分の世界がみんなに比べてかなり小さい、細かく細かくなっていくというのは、男性に限らず誰しも思うことがあるのでは。ただ、時給マイナスという発想はピンと来ない。そして「育児を仕事って思いたいんでしょ?…」から続くみどりの言葉が釈然としないな、私には。以前読んだ作品でも感じたが、理屈が先に立っているようで、少しくたびれる。2020/06/10

chimako

91
ナオコーラさんの描くのはちょっと主要路線から外れて良く言えば考え深く、悪く言えば面倒くさい人が多い。今の自分に納得しているはずなのに「自分に生産性はあるのか」「世の中の役に立っているのか」などと考えて堂々巡ってしまう。けれどそんな人たちが愛おしく全然嫌な感じがしない。主人公は妹子。幼稚園児を育てる主夫である。妻のみどりは一家の大黒橋として書店で働き、時々書評やエッセイを書いている。タローの送り迎えをしながら野川のほとりで植物や虫に詳しくなる。外来種撲滅を唱える老人に会う。羽黒トンボを見つける。良かった。2021/12/06

優希

76
とても可愛らしい物語でした。妹子とタロウとみどりの3人の空気があたたかい。何気ない日常のなかにほっこりさせられました。妹子はひもからリボンへと変われたのでしょうか。2020/07/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14850487
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。