5分シリーズ+<br> スガリさんの感想文はいつだって斜め上〈2〉

個数:
電子版価格
¥1,320
  • 電書あり

5分シリーズ+
スガリさんの感想文はいつだって斜め上〈2〉

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 232p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784309028316
  • NDC分類 K913
  • Cコード C0093

出版社内容情報

読書感想部部長スガリさんと直山先生が、ぶっとんだ読書感想文をヒントに事件を解決する、大人気青春ミステリー第二弾!

内容説明

謎の女子高生スガリさんと、気弱な家庭科教諭の直山先生が、読書感想部を立ち上げた。今回とりあげたのは『変身』と『ハックルベリー・フィンの冒険』。部の大型新人とライバル図書館司書も加わって、切れ味鋭いスガリさんの感想文をヒントに巻き起こる事件を解決する。学園に渦巻くイジメと、バイト先で発生した失踪事件の真相、そして徐々に判明するスガリさんの過去とは!?これは、読書感想文復活をかけた戦いです!

著者等紹介

平田駒[ヒラタコマ]
1989年東京都出身。筑波大学卒。現在、通信会社でエンジニアをしながら精力的に執筆活動を行う。小説投稿サイト「エブリスタ」内のコンテストで2作品が受賞。2019年、受賞作『スガリさんの感想文はいつだって斜め上』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

へくとぱすかる

67
感想文をめぐる対決。はたして感想文は、どんなあり方がいいのか。スガリさんの言う通り、自由に書ければいいと思う。高井田先生の指導法では、生徒から読書の楽しみを奪うことになるだろう。コンクールに入賞することが目的になっては、スポーツの勝利至上主義と同じだし、しかもそれが周囲からのいじめを誘発したとあれば、なおさらだ。物語にはまだ何か裏の事情があるように見えるので、続編が読みたくなる。「ひいおばあちゃんっ子」とは初耳だが、お元気でなにより。「九マイルは遠すぎる」のパスティシュとして、さらに磨きがかかったと思う。2023/02/27

☆よいこ

57
YA。というよりラノベ系。キャラは面白いがグダグダ感で読みにくい。スガリさんの謎を引きずってるのもなんかヤダ▽[第3話︰フランツ・カフカ『変身』]新入部員か、小野愛海(おのあいみ)は山月記の読書感想文で大きな賞を貰っている経験者。[第4話︰マーク・トウェイン『ハックルベリー・フィンの冒険』]まかさの遺書書き出しは笑えた。

よっち

36
不思議な女子高生スガリさんと、気弱な家庭科教諭の直山先生が立ち上げた読書感想部。部に期待の大型新人とライバル司書も加わって、斜め上なスガリさんの感想文をヒントに巻き起こる事件を解決する第二弾。今回のお題は学園に渦巻くイジメと、バイト先で発生した失踪事件の真相。周囲には強引な人たちばかりの気弱な直山先生は、相変わらずいろいろ振り回されて大変でしたけど、ようやく苦境を乗り越えた新入部員も加わって、けれどスガリさんの不穏な諸事情も時折垣間見えたりで、それが今後の展開にどう関わってくるのか続巻に期待ということで。2019/11/16

マルコ(Marco)

32
シリーズ2作目。今回は『変身』『ハックルベリーフィンの冒険』と有名ながら未読なので斜め上の判断が出来ず(あらすじは記載在り)。本の内容と感想文が相関して学校生活での日常の謎を解いていくが、今回は筆力の問題で解り難い。『変身』の部は面白かったけど、『ハックルベリー』はよく判らない。杏介の恋人、母親にウンザリさせられたり、司書の態度に不快感を覚えたり、と登場人物のアクが強い。スガリ(綴)の過去で引っ張る様だが、感想文自体に主眼を置いて良いと思う。2019/11/17

那由多

29
『変身』『ハックルベリー・フィンの冒険』どちらも私が持ち得なかった見解に斬り込んでくるスガリさん。可愛い部員が増え顧問も決まり、読書感文部、正式に発動です。ひいおばあちゃんも登場し、スガリさんの家庭の事情の複雑さの匂わせがあって、感想文以外に膨らみを持たせる予定なんでしょうけど正直要らないかな。感想文オンリーで面白いのに。2020/11/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14471051
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。