海底大陸

個数:

海底大陸

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2019年05月22日 18時18分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 203p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309027456
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

豪華客船はどこに消えたか?アトランティス大陸の末裔の海底超人を同じ人間としてとらえる眼差しが、戦時下をしのばせるとともに今日的でもある、日本SF鼻祖の先駆的傑作!

著者等紹介

海野十三[ウンノジュウザ]
1897年、徳島県生まれ。本名・佐野昌一。SF作家、推理小説作家。日本SFの草分け。早稲田大学理工学部卒業後、電気試験所に勤め無線電信の技術開発に従事しつつ、科学記事を多数執筆。1928年、『新青年』に「電気風呂の怪死事件」を発表しデビュー。1937年には探偵小説誌『シュピオ』を共同創刊。戦中は科学軍事小説を量産した。1949年逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

クィーン・メリー号が姿を消した。ボーイの三千夫は、長良川博士とともに、高度文明を築く海底大陸の海底超人と遭遇、その運命は!?

海野 十三[ウンノジュウザ]
著・文・その他