他人の始まり 因果の終わり

個数:
電子版価格 ¥1,620
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

他人の始まり 因果の終わり

  • ウェブストアに21冊在庫がございます。(2017年12月18日 00時39分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 198p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309026077
  • NDC分類 767.8
  • Cコード C0095

内容説明

「個」として生まれ、「個」として生き、「個」として死ぬ。自殺した弟と残された父、心を病んで死んだ母、そして妻と娘たち。癌発覚と闘病の中で向き合った、家族と自身の生きた軌跡。音楽で、ストリートで、身を賭して闘ってきたラッパー・ECDの生の総決算。

著者紹介

ECD[ECD]
1960年生まれ。ミュージシャン、作家。日本語ラップ黎明期の1980年代からラッパーとして活動、1996年には日本ヒップホップ史に残る記念碑的イベントである、さんピンCAMPを主催。一方で、2005年には小説『失点イン・ザ・パーク』を発表するなど、作家としても活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

ECDが家出した母、自殺した弟など家族をみつめ、病にかかった自らをみつめながら家族と生のありかを問い返す渾身の書き下ろし

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件