双子は驢馬に跨がって

個数:
電子版価格 ¥1,540
  • 電書あり

双子は驢馬に跨がって

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年07月04日 14時14分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 192p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784309026053
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

「アメトーーク!」読書芸人特集・光浦靖子氏紹介でブレイク! 独自の世界観で大注目の気鋭が描く、双子と驢馬の荒唐無稽な冒険譚。

内容説明

いつ何処ともしれぬ森の中のペンション―。オーナーなる人物に監禁された父と子は、双子が驢馬に乗って助けにくるのを信じて待ち続けていた。双子が辿るであろう道のりを地図に描き物語を紡ぎあげ、時に囲碁を打ちながら、父子はこの不条理の中、辛うじて精神の均衡を保っていた。いっぽう生まれつき旅と救済を宿命づけられた双子の少年少女は、驢馬ナカタニを得て旅立つが、行く先々で寄り道ばかり。畜獣の如く蹂躙されている人々がいるという噂を聞きつけ、二人は意気揚々と救出に向かうが―一通の手紙が二つの世界を繋ぐ時、眩い真実が顕れる。

著者等紹介

金子薫[カネコカオル]
1990年、神奈川県生まれ。慶應義塾大学大学院文学研究科仏文学専攻修士課程修了。2014年「アルタッドに捧ぐ」で第五一回文藝賞を受賞しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ちなぽむ and ぽむの助 @ 休止中

137
鉄格子の隙間からでも月を見あげたいから、真っ黒に塗りつぶされた壁を削って円を描いた。広大なキャンバスに双子の救済者と驢馬、困難だけれど絶対に辿りつける道を。砂漠には駱駝、湖には実のなる種を。 旅は終わらないし記憶は失われていく。そんなかなしいことを言わないで。いいえ、それはむしろ神にあたえられたただひとつの恩恵なのです。扉は永遠に閉ざされ希望は失われたけれど、そんなことはもはや重要ではない。まぶたを閉じれば月はいつでもそこで輝いている。2020/10/12

tototousenn@超多忙につき、読書冬眠中。

108
☆8.0(5点満点ですが) 一気に読まされてしまった。金子薫の世界観に脱帽です。 「君子危うきに近寄らず」と「君子」の親子ふたりは、何処ともしれぬ森の中のペンションに監禁され、少年と少女の双子が驢馬に跨がり自分たちを救いに来ることを心待ちにしていた。 金子薫の描く異色の冒険譚。 これで金子の作品で未読なのは『壺中に天あり獣あり』だけになってしまった。 もっと金子の作品読みたい、新作をどんどん発表していただきたい。 2021/03/06

ジンジャー(C17H26O4)

79
物語は漸く出口へ到達したかと思いきや振り出しへ。振り出しは辛いな、と最初は思った。しかし親子も双子もオーナーの配下等も、それぞれがそれぞれの役割をこなしながら一つの物語というゲームを進めていたようにも、また、彼らがどこかそれを楽しんでいたようにも思えてなんとなく可笑しさが感じられた。姿を現さないメタ的存在のオーナーは何者なのだろう。囲碁の意味するものは。入れ子の中にまた入れ子があり且つ始まりも終わりもない世界に、閉じている苦しさと、閉じているからこそであろう不思議な安心感を覚えた。物語は続く…。2021/06/23

keroppi

66
何で、この本を読もうと思ったんだろう。いつか、書評か何かで見かけたのかもしれない。記憶も定かではなく、監禁された親子が驢馬に跨った双子を待つという設定に惹かれたからなのだろう。記憶がない登場人物たちの寓意に満ちた絶望と希望の物語。監禁された親子も、旅する双子も、この後、どうなっていくのだろう。2019/01/10

mii22.

64
とても不思議な読み心地だった。もともと、表紙と題名の不思議さに引き寄せられて予備知識なしで読み始めたこの物語。童話のようであり、謎の多いミステリのようであり、不穏で不条理であり、それらすべての中に隠された、とんでもないメッセージがあるものかもしれない。読み進める毎に問題を投げ掛け、また投げ掛け、終わりには何が起こったのか、起こらなかったのかさえ思い出せない。戸惑い。呆然とする。ただ、忘却の先にあるものは新な挑戦であり前進するしかないのだ。2018/01/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12236295

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。