せいのめざめ

個数:
電子版価格 ¥1,144
  • 電書あり

せいのめざめ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月19日 21時35分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 147p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784309025421
  • NDC分類 367.9
  • Cコード C0095

出版社内容情報

修学旅行の夜、プールの授業、股間にボールがあたる…性のエピソードに溢れていた10代。妄想と憧れが暴走した日々を鮮やかに描く。

益田 ミリ[マスダ ミリ]
1969年大阪府生まれ。イラストレーター。主著に漫画『沢村さん家のこんな毎日』『僕の姉ちゃん』等。『すーちゃん』シリーズが2013年に映画化。エッセイに『そう書いてあった』等がある。

武田 砂鉄[タケダ サテツ]
1982年生。出版社勤務を経てライターに。『紋切型社会』で「第25回 Bunkamuraドゥマゴ文学賞」受賞。「第9回(池田晶子記念)わたくし、つまりNobody賞」受賞。著書に『芸能人寛容論』。

内容説明

修学旅行の夜、プールの授業、授業中の手紙、夏休みの遭遇…あの頃、同じ教室にいた男子は、女子は、何を考えていたのだろう?とてつもなくまぶしくて奇妙で、もやもやしていた日々を異色のコンビが描く。

目次

子宮
“小”のしくみ
股間にボールが当たる
大きくなるって何センチ
隣り合ういちもつ
ポジショニング
プールと大きさ
赤ちゃんのつくりかた
おっぱい
都市伝説〔ほか〕

著者等紹介

益田ミリ[マスダミリ]
1969年大阪府生まれ。イラストレーター

武田砂鉄[タケダサテツ]
1982年東京都生まれ。ライター。出版社勤務を経てフリーに。デビュー作『紋切型社会―言葉で固まる現代を解きほぐす』(朝日出版社)で「第二五回Bunkamuraドゥマゴ文学賞」を受賞。「第九回(池田晶子記念)わたくし、つまりNobody賞」を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

65
ミリさん新刊。子供のころ、何も知らなかった異性の性器の構造。私は同性の友達とはそういう話はしたことがなかったなぁ。あまり興味を持っていなかったのか、男兄弟がいたから見たことがあったのか(?)どういうしくみになっているかの想像とかもした記憶がありません。周囲の友達もいつの間にか詳しくなっていくのが不思議でした。2017/01/28

はるき

46
可笑しいのに何か切なくもある。10代の性への妄想あれこれ。昔の自分を思い出すと、赤面してしまいます。色々と、懐かしいです。2017/09/11

Mayumi Hoshino

42
思春期に性をどう捉えていたか、どういうものであったか、友達とどんなことで盛り上がっていたか。益田ミリさんのマンガと武田砂鉄さんのコラムが交互に入る構成。女子の想像する男子の股間部分だったり、保健体育の授業を経て、男子が子宮の図解を真似してやってみるポーズだったりと、大人になった今となっては馬鹿馬鹿しくも微笑ましいエピソードがずらり。と感じた一方で、自分にとってまだまだ未知の領域だ!と発見したところも。異性って、永遠のワンダーだ。2017/02/11

まり

26
男子ってこんな事考えてたんだと。私もこんな事考えてた時期あった。自分にない物って気になったりする。2017/04/12

チェアー

23
なんとなく恥ずかしくて、性については友達とはそんなに話したことはないなー。でも、大なり小なり心のなかでは似たようなことを思い、女性についていろんな謎があったように思う。あ、今でも謎のことはたくさんあるし。それはそれで楽しいかなとも。女の子はお父さんがいても、こんなに男の子のことがわかんないものですかね。2017/04/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11298446

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。