おいしい文藝<br> こんがり、パン

個数:

おいしい文藝
こんがり、パン

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年02月20日 15時24分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 206p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784309024660
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0095

内容説明

41人による、めくるめくパンの世界。

目次

パン・アンド・ミー(津村記久子)
結果的ハチミツパン(穂村弘)
フレンチトースト(江國香織)
パンの時間(阿川佐和子)
蛮喰(辰野隆)
粥とパンとの毎朝(草野心平)
朝食にパン!(山口瞳)
アンパンとゴルフ(源氏鶏太)
サンドイッチはトーストして(大橋歩)
サンドイッチをたのしく飾る(中原淳一)
明治のサンドウィッチ(獅子文六)
母はパン屋さん(立松和平)
パン(宮下奈都)
パンの耳―ひそかな宝物(平松洋子)
山手線とクリームパン(東直子)
ロバの蒸しパン―黄昏のメリーウィドウ・ワルツ(入江敦彦)
どっしりとしたジャムパン―パン工房 中村屋(南砂)(山本一力)
実はパン好き(高橋みどり)
他力本願パン作り(群洋子)
思い出のパン(戸板康二)
一度きりの文通(岸本佐知子)
コッペパン(佐野洋子)
草の上の昼食(林望)
パンに涙の塩味(開高健)
反対日の丸(澁澤龍彦)
クリームパン(増田れい子)しょうがパンのこと(川上弘美)
ショウガパンの秘密(長田弘)
パンを踏んで地獄に堕ちた娘(米原万里)
バゲット(四方田犬彦)
フランスパン―le pain de l’´egalit´e(鹿島茂)
サンドイッチとカスクルート(玉村豊男)
サンドイッチ諸島(池澤夏彦)
あんパンのへそ(重金敦之)
パン(萩昌弘)
貧乏なタイムマシン(赤瀬川源平)
おぱんといふもの(伊藤比呂美)
ヤキソバパンの思想(犬丸りん)
パンとご飯(外山滋比古)
パンの詩(吉本隆明)

著者等紹介

赤瀬川原平[アカセガワゲンペイ]
1937年、神奈川生まれ。前衛美術家、小説家。尾辻克彦名義の『父が消えた』で芥川賞、『雪野』で野間文芸新人賞受賞。2014年没

阿川佐和子[アガワサワコ]
1953年、東京生まれ。小説家、エッセイスト。檀ふみ氏との共著『ああ言えばこう食う』で講談社エッセイ賞、『ウメ子』で坪田譲治文学賞受賞

池澤夏樹[イケザワナツキ]
1945年、北海道生まれ。小説家、詩人。『スティル・ライフ』で芥川賞、『マシアス・ギリの失脚』で谷崎潤一郎賞、『すばらしい新世界』で芸術選奨文部科学大臣賞受賞

伊藤比呂美[イトウヒロミ]
1955年、東京生まれ。詩人。『ラニーニャ』で野間文芸新人賞、『とげ抜き新巣鴨地蔵縁起』で萩原朔太郎賞・紫式部文学賞受賞

犬丸りん[イヌマルリン]
1958年、東京生まれ。マンガ家。アニメ『おじゃる丸』の原案者としても知られる。2006年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

こうばしい香りに包まれた「パン愛」あふれるエッセイ41篇を収録したアンソロジー。パン好き必携「おいしい」文藝シリーズ第8弾。

鹿島 茂[カシマ シゲル]
1949年、神奈川生まれ。フランス文学者、評論家。『馬車が買いたい!』でサントリー学芸賞、『子供より古書が大事と思いたい』で講談社エッセイ賞、『職業別パリ風俗』で読売文学賞受賞。

獅子 文六[シシ ブンロク]
1893年、神奈川生まれ。作家、演出家、劇団文学座創設者のひとり。『海軍』で朝日文化賞受賞。おもな著作に『てんやわんや』『娘と私』『コーヒーと恋愛』など。1969年没。

澁澤 龍彦[シブサワ タツヒコ]
1928-87年。東京生まれ。東大仏文科卒業後、マルキ・ド・サドの著作を日本に紹介するかたわら、人間精神や文明の暗黒面に光をあてる多彩なエッセイを発表。晩年は小説に独自の世界を拓いて、広く読まれた。

津村 記久子[ツムラ キクコ]
1978年、大阪生まれ。『ミュージック・ブレス・ユー!!』で野間文芸新人賞、「ポトスライムの舟」で芥川賞、『ワーカーズ・ダイジェスト』で織田作之助賞受賞。

宮下 奈都[ミヤシタ ナツ]
1967年、福井生まれ。おもな著作に『遠くの声に耳を澄ませて』『誰かが足りない』『羊と鋼の森』など。

米原 万里[ヨネハラマリ]
1950年、東京生まれ。翻訳家、エッセイスト、小説家。『不実な美女か貞淑な醜女か』で読売文学賞、『?つきアーニャの真っ赤な真実』で大宅壮一ノンフィクション賞受賞。2006年没。