92歳まだまだやりたいことばかり

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 246p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784309023557
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0095

出版社内容情報

92歳、今も現役で作家として活動を続ける近藤富枝さんの、元気で長生きの秘訣を公開。常にポジティブでいるための、生き方指南。

【著者紹介】
1922年東京生まれ。作家。文部省、NHK勤務を経て、文筆活動に入る。著書に『きもの名人』『文士のきもの』『荷風と左団次』『田端文士村』『本郷菊富士ホテル』など多数。

内容説明

病気や夫の認知症にも負けず。92歳、いまも現役作家に学ぶ、大好きなものに囲まれて生きる、とびきり明るく前向きな人生術。最期まで笑顔で過ごすための、生きるヒントがたくさん!

目次

第1章 生活は一つ一つの積み重ね。楽をしよう、怠けようとすると、急に老け込んでしまいます。そうなる前に小さな努力を続けて。
第2章 食べることは生きることの基本。食いしん坊は長生きのはず。おいしいものを想像するだけで、「今日もがんばろう」と思えてきます。
第3章 今の仕事を始めたのは四十代から。今も夢中で走り続けています。仕事をしたいという気持ちがあれば、遅すぎるということはないはずです。
第4章 『源氏物語』は私の心の糧です。男女の深い心理はもちろん、人の世の摂理や宇宙観まで汲み取れる。生きる元気が出てくるんです。
第5章 読書でも芝居でも美術でも、夢中になれるもの、好きなものを持って。興味のままに外に目を向ければ、自然と自分の活動も広がっていきます。
第6章 追分という私の活力を養う場所。ただぼーっとするだけだけど、「なにもしない」時間を持つことが、意外と健康と長生きの秘訣なのかもしれません。
第7章 覚悟していた主人の認知症が始まった。怒鳴ることもあるけれど、家族に必要なのは「悟り」なんです。すべてを受け入れるしかない。
第8章 増えていく家族の負担と徘徊事件。遂に認知症の夫を施設に入れたけれど、後悔で涙が出る日もあります。いつか一緒にまた暮らせる日を信じて。
第9章 病と老いは誰にも必ずやってくるものだけど、同年輩の人たちと共感し合いながら前向きに。老いに負けたらくやしいじゃないの。
第10章 死ぬ時は死にたくなくたって死ぬんだから、考えたって仕方ないですよ。それより一生懸命に上手に生きて、死神が来てもごまかしちゃいましょう。

著者等紹介

近藤富枝[コンドウトミエ]
1922年東京生まれ。作家。東京女子大学卒業。旧文部省、NHK、武蔵野女子大学などに勤務

鈴木伸子[スズキノブコ]
1964年東京生まれ。東京女子大学卒業後、雑誌「東京人」に勤務。2010年退社。都市、建築、鉄道、町歩きなどをテーマに執筆活動を行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ガミ

12
ご年配の作家、近藤富枝さんのライフワークを鈴木伸子さんの聞き書きによりまとめたものです。92歳という高年齢で身体にちょっとした持病を持ちながらも、元気に過ごしていくには、少しずつ体を動かしながらも学問や外出、他人と会うことに目を向けることが大切だと感じました。今、読書に力を入れ、外に出ている自分の活動は今後も続けていこうと改めて思います。老後は孫と遊び倒したいとちょっとした夢を持ち、のん気に構えてさぼろうと考えている私に、警告になるところもありました。怠けないことがまずは大事なんですね。2015/11/27

セーラ

7
「私はすごく一生懸命に生きているから、生き方が上手なんです。」と言い切れる凄さ。幾つになっても日々のちょっとしたことを楽しみ、世の中を美しいと思える生き方を見習いたいです。2017/01/24

E

4
図書館本。歳をとっても楽しない/おしゃれは活力/食いしん坊は長生き/作家デビューは45歳/夢中になれるものを見つける/源氏物語から学ぶ生きるヒント/ぼーっとする時間も必要/などイキイキと元気な秘訣が盛りだくさん!毎日、寝る前に必ず1時間読書するそう。私も見習おう!2015/06/13

ななころび

2
「一つのことを怠けたら、そこから全体が崩れていく」隙あらば楽を求めて手抜きをする自分には耳が痛い。40代で作家になり75歳で家を建てるなんて真似できないけど、凛とした生き方を見習いたい。2017/03/12

Mano Yoshida

0
作者の着物の本を読んで興味を持ったが、45歳からライターになり、50代で作家になった、というキャリアに驚いた。源氏物語や王朝継紙、着物への愛着の話、そして夫の認知症をめぐる思いなど、年を経た筆者の見地からのお話は穏やかで興味深かった。2021/08/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9235214

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。