骨董・怪談―個人完訳 小泉八雲コレクション

個数:
電子版価格 ¥1,936
  • 電書あり

骨董・怪談―個人完訳 小泉八雲コレクション

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年07月04日 15時33分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 397p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309022994
  • NDC分類 933
  • Cコード C0093

出版社内容情報

小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の二大作品集『怪談』『骨董』を、ハーン研究の第一人者が個人完訳。ハーン没後110年記念出版。

【著者紹介】
1850-1904年。ギリシア生まれの英国人。作家、英文学者。旧名ラフカディオ・ハーン。1890年来日。松江で小泉節子と結婚、後に帰化。東大等で教鞭をとりつつ日本を海外に紹介。著書に『怪談』『心』他。

内容説明

定評ある名訳の全面改訂版と半数以上の新訳作品とで贈る個人完訳・決定版。その訳文は、ハーンが基にした怪談・奇談の原拠に出てくる日本語表現や固有名詞の表記をハーンの英文に即して巧みに活かしながら、最新のハーン研究の成果を反映。従来、ほぼ割愛されてきたハーンによる原註をすべて訳出。詳細な訳註・解説を巻末に付す。

著者等紹介

小泉八雲[コイズミヤクモ]
1850年、ギリシャ生まれのイギリス人。作家、英文学者。本名、ラフカディオ・ハーン(Lafcadio Hearn)。十九歳で単身渡米し、ジャーナリストとして活躍。1890年、来日。松江の小泉節子と結婚。1896年、日本に帰化。松江中学、第五高等学校、東京帝大などで英文学を講じながら、欧米に日本を紹介する著書を数多く刊行。1904年、死去

平川祐弘[ヒラカワスケヒロ]
1931年、東京生まれ。東京大学名誉教授、比較文学史家。フランス・イタリア・ドイツに留学し、北米・中国・台湾などで教壇に立つ。著書に『ラフカディオ・ハーン―植民地化・キリスト教化・文明開化』(2004年、ミネルヴァ書房、和辻哲郎文化賞受賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

優希

113
日本にまつわる怪談・奇談を集めたものですが、とても美しい世界へと誘ってくれました。昆虫、仏教、哲学なども絡み合い、いかにハーンが「霊の日本」を発見し、海外へと紹介しようとしたかが伺えます。そして改めて日本へと逆輸入されるつながりの不思議さを感じずにはいられません。日本の昔ながらの風俗や民話を追いながらも、そこから独自の世界を生み出す、流石です。2017/10/30

アルラ(ただ今介護中)

21
圓朝の怪談本を探していたらこの本に出合った。素晴らしいの一言。図書館期限内では読めず何度も延長した。訳者のハーンに対する敬愛がずんと伝わってくる。巻末の詳細な訳註・解説が圧巻。節子夫人が様々な話をハーンに語って聞かせる姿が目に浮かび、それをハーンが独自の表現で西洋人に紹介し、その本が日本で平川先生により深く研究され、かつ最高の文章で訳された。この奇跡に近いつながりがなければ、わたしたちは自分の国に伝わる多くの話を失っていたかもしれない。子供の頃から知っていた八雲怪談は何?というくらい別物。おすすめです。2014/09/13

ぐっちー

19
「怪談」以外の八雲の文章を初めて読みました。頁をめくるたびに心は時に蛍飛び交う闇夜に浮遊し、時に地獄に落ち、または死生観や時空を超えて宇宙より遠くへ飛翔する。このビブラートする感覚を何と呼べば良いのか。詳細な註や、巻末の論考なども面白かった。2017/07/06

サラダボウル

15
今年最後の一冊に。これはすごい‥。読んだのはまだ数編で、来年にかけてゆっくり読んでいきたい一冊なのですが。冒頭の編から怖いです。「狢(むじな)」に評判があったので、そちらへ頁をくる。電車の中で読んでるのに、私の座席空間だけ、ハーンが生きた時代の日本にあっさり連れていかれる。「生霊」が胸にせまった。ハーンと訳者、二人の言葉の魅力に圧倒される。この本を持って、来年は数日旅に出たいです!皆様、よいお年をお過ごしください(^^)2021/12/31

inarix

10
『骨董』『怪談』は、日本各地に伝わる伝説や古い怪談集などから再話された怪奇文学作品集。この個人完訳版では一冊に纏めている。『骨董』の中の「病理的なるもの」が白眉。〝玉というのは英語でJewelという意味である”と、八雲の椅子の横で眠る一匹の三毛猫について綴られる、たった4ページの掌編。玉が眠りながらも立てる、牝猫が子猫に対してのみ発する特別な鳴き声。それが八雲の胸の琴線にふれるのだ。その理由は。最後の一節で滂沱の涙だから猫好きな人は気を付けて。「草ひばり」もひっそりと切なく、この2篇は隠れた名作だと思う。2021/07/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8092156

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。