私の方丈記

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B40判/ページ数 189p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784309022635
  • NDC分類 914.42
  • Cコード C0095

出版社内容情報

混迷の時代にこそ読み継がれる「方丈記」を、随一の現代語訳で蘇らせ、自身の戦中戦後体験と重ねながら、人生の本質を描く感動の書!

【著者紹介】
1935年、東京生まれ。早稲田大学卒業。芥川賞、平林たい子賞、芸術選奨文部大臣賞、谷崎賞、読売文学賞、他2006年「北原白秋」で毎日芸術賞、藤村記念歴程賞、蓮如賞を受賞。07年、日本芸術院賞恩賜賞受賞。

内容説明

人生の原点がここにある。混迷の時代に射す光、現代語訳「方丈記」。引揚者として激動の戦中戦後を生きた著者が、自身の体験を「方丈記」に重ね、人間の幸福と老いの境地を見据えた名著。

目次

現代語訳 方丈記
私の方丈記(川について;こととの出会い方;災難の多い通のこと;生き残りかたのこと;遷都について;貧を生きるということ;政治なるもののこと;居住空間について;風景について;密室で気楽にすることについて;友達について;山の端の気分について)
方丈記 原文

著者等紹介

三木卓[ミキタク]
1935年、東京生まれ。早稲田大学文学部露文科卒業。73年「鶸」で芥川賞、85年「馭者の秋」で平林たい子賞、89年「小噺集」で芸術選奨文部大臣賞、97年「路地」で谷崎潤一郎賞、2000年「裸足と貝殻」で読売文学賞、2006年「北原白秋」で毎日芸術賞、藤村記念歴程賞、蓮如賞をそれぞれ受賞。2007年、日本芸術院賞恩賜賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件