彼方へ (復刻新版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 214p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309022161
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

不倫を続ける会社役員の兄から、その愛人の言葉を聞き、俳優の弟は、死後の世界にとらわれ、新劇の世界の違和感に耐えられなくなる。…風俗の背後に人間の永遠を追求する初期傑作。

著者等紹介

丸谷才一[マルヤサイイチ]
1925年、山形県生まれ。東京大学文学部英文科卒。作家、翻訳家、エッセイスト、文芸評論家。主な小説に、『年の残り』(芥川賞)、『たった一人の反乱』(谷崎潤一郎賞)、『樹影譚』(川端康成文学賞)、『輝く日の宮』(泉鏡花文学賞)など、主な翻訳に、ジェイムズ・ジョイス『若い芸術家の肖像』(読売文学賞)など、主な評論に『忠臣蔵とは何か』(野間文芸賞)などがある。文化勲章受章。2012年逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

兄の愛人の死に関する言葉にとらわれ、俳優の弟は劇団のドグマティックなあり方に嫌気がつのる。根源的なテーマを問う丸谷風俗小説。

【著者紹介】
作家・英文学者・翻訳家・エッセイスト。主な著書に『笹まくら』など。1925-2012。芥川賞、谷崎潤一郎賞、読売文学賞、野間文芸賞、川端康成賞、芸術選奨、大佛次郎賞、菊池寛賞など受賞多数。文化勲章受勲。