笑いあり、しみじみあり シルバー川柳

個数:
電子版価格 ¥880
  • 電書あり

笑いあり、しみじみあり シルバー川柳

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年10月20日 09時16分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 125p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784309021522
  • NDC分類 911.46
  • Cコード C0092

内容説明

仙台圏の高齢者向け月刊フリーペーパーで16年。地元シニアから毎月一八〇通あまりの熱い投稿が今も集まり続ける『みやぎシルバーネット』の大人気連載「シルバー川柳」。孫、物忘れ、家族、病院通い、茶飲み友達、そして恋心…。クスっと笑って時にしみじみ。シルバーの日々の暮らしの断片を、素朴に詠んだ傑作選。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

新地学@児童書病発動中

114
笑った、笑った。本当に可笑しい。このユーモアには恐れ入る。これを読むと歳をとるのも悪くないと思えた。達観。というより開き直りだろうか。どんな人でも歳をとるので、それを受け入れて、日々楽しく過ごすのが理想的だ。川柳はそのきっかけになるのかもしれない。後書きの「吐き出すことで、自分を取り戻す」という言葉が印象的だった。「ヘルパーが美人で妻が焦り出し」「共白髪誓ったはずが妻茶髪」「亡夫から一喝欲しい迷い事」2018/06/12

Die-Go

59
図書館本。仙台圏の高齢者向け月刊フリーペーパーで連載されている、「シルバー川柳」の中からの傑作選。題名通り、笑いあり、しみじみあり。老いらくの恋心を詠んだ句もあり、ほのぼのさせられる。★★★☆☆2018/09/03

ひめありす@灯れ松明の火

51
もう一つの方読むはずだったのに……。でも16年分の選り抜きな事もあって、生真面目に選ばれた感じでした。普段介護施設で働いているので、「おお、そう言えばそんな事を言っていた」とか「ああ、あの言葉の裏側にこんな感情が隠れていたんだ」と気付かされる部分も沢山ありました。ただ、全体としては緩く読んで時々くすくす笑ってしんみりして、で十分だと思います。赤い糸の弛みを直すフルムーンは素敵だし、美人ヘルパーに慌ててしまう奥様も可愛い。歩むのを見護った初孫が大きくなってお小遣いをねだって、シルバーになってからの人生も長い2013/10/20

しゅわ

43
【図書館】ポプラ社のシルバー川柳シリーズを再読した勢いで、本家!?のこちらもひさびさに借りてきてみました。あいかわらず“老い”を明るく笑い飛ばし、悲哀をにじませつつも前向きで、そして深い句が盛りだくさんです♪ 仙台圏の高齢者向け月刊フリーペーパー…ということで、載っている句は東日本震災前に投稿されたものばかりですが、巻末に震災以降の句がちょこっとだけ紹介されています。どれも大変な状況なのに前向きで 励まされます。2016/09/02

ごへいもち

32
思わず吹き出した句も。10年分の投稿の中から河出が選定したのである程度レベルが高い?のかも。みやぎシルバーネットの人のあとがきもとてもよかった。2013/07/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5905269

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。